オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

なぜ日当たりの良い屋根でコケ・カビ・藻が発生するのか?


スレート屋根の軒先の苔
屋根にコケ・カビ・藻が生えている屋根を多く見かけます。
コケ・カビ・藻は、日当たりの悪い場所に生えると言われています。
にもかかわらず、なぜ日当たりの良いはずの屋根にコケ・カビ・藻が生えるのでしょうか?
今回のコラムでは、コケ・カビ・藻についてお伝えします。

コケ・カビ・藻

コケが生えるのは日当たりが悪く湿気の多いというイメージが強いですが、実は太陽光が嫌いではない種類のものもたくさんあり、それらが屋根に発生しています。
基本的には「スギゴケ」や「スナゴケ」という種類が屋根に繁殖します。
カラーベスト屋根では塗膜が劣化すると防水性が低下して屋根材に雨水が浸透することになります。
そうなると水はけが悪くなり、コケ・カビ・藻が発生しやすくなってしまいます。
目に見えていないだけで空気中には、苔やカビなどの胞子が飛散しているので屋根に付着して苔・カビが発生するのは当然のことです。
胞子が飛散する季節は種類によって異なりますが、基本的には一年中飛散しています。
一度コケが生えると、そのコケが水分を含んで、更にコケなどが繁殖しやすくなります。

屋根にコケ・カビ・藻が繁殖しているということは、塗膜が劣化している証拠です。
屋根にコケ・カビ・藻が繁殖すると見た目が悪くなるだけでなく、コケが水分を含み、屋根材が湿ったままになり、屋根材の劣化を加速させます。
また、水分があることで棟板金などの金属部分では錆が生じやすくなります。

対処方法

外壁の低い箇所であれば、やわらかいスポンジやブラシで擦ることである程度除去できます。
ですが、屋根の苔をご自分で清掃することは絶対にやめてください。
コケが生えている屋根はとても滑りやすく、ケガをする危険性があるので大変危険です。
キレイにしてもすぐに発生する場合には、屋根塗装によるメンテナンスで防水性を回復させる必要があります。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878