オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

光市の方へ、屋根材のスレート屋根(カーラベスト・コロニアル)や瓦のひび割れ、欠けの補修に使用するコーキング剤はどれがいいの?


屋根材の瓦の破損の接着やスレート屋根のカーラーベストの破損の接着などの補修で使用するコーキング剤の種類と用途を本日はお伝えします。

まずコーキングとは皆さまの家にも必ずありますので、見かけたことはあると思います。
例えばサッシの周りや玄関の縁、浴室洗面台の縁やタイルの繋ぎ目、外壁サイディングなどの繋ぎ部分など様々な場所で使用されています。
気密性や防水機能などを保つために隙間に充填されるゴムのようなものをコーキングといい、その防水工事のことをシーリングといいます。
実はこのコーキング剤には沢山の種類があることは、ご存知でしょうか?
様々な種類があるという事は、用途や使用する材質で材料を適切に分けて使用する必要があります。
またコーキング剤は防水面以外にもカラーベストの補修や瓦の補修にも使用できます。
コーキング剤には使用に適さない物や用途もありまして、主に4種類あります。
●シリコンコーク
●アクリルコーク
●変成シリコン
●ウレタンコーク

以上の4種類になり、特徴を説明します。




シリコンコーク
●シリコンコークは皆さんもよくホームセンターとかで見かけると思いますが、とてもポピュラーで価格も安く、耐候性、耐熱性、耐水性にも優れていて屋内外で使用できるコーキング剤です。
しかし上から塗装をしても直ぐに剥がれてしまうために、塗装が必要な屋根材や外壁には使用しないでください。
洗面台のガラスやお風呂場やトイレなどで使用されることが多いコーキング剤です。

●アクリルコークは水性系で作業はしやすいコーキング剤です。
湿った場所でも使用できますが、硬化したときに肉痩せしやすく耐久性が低いのが難点です。
ひび割れも早いなどリフォーム等で使用する人は少ないコーキング剤です。



変成シリコン
●変成シリコンは上から塗装が可能なコーキング剤で、カラーも多くあり新築時のシールがむき出しになる外壁部分や後から塗装が必要になる屋外などに多く使われます。
また屋根材の補修やクラックの補修などにも適しています。
シリコンコークやウレタンコークに比べて密着性、耐久性は少し劣り価格も高めです。
後、常に濡れてたり湿気が多い場所の水回りなどは耐水性に優れてるシリコンコークの方がお勧めです。

●ウレタンコークは硬化しますとゴムのような弾力性があり耐久性も高くコンクリートのひび割れなどにも使用できて、価格も変成シリコンよりは安めですが、紫外線に弱く必ず上から塗装が必要になります。

変成シリコンもウレタンコークも上から塗装をするなら、塗装汚染しにくい「ノンブリードタイプ」を使用すると良いでしょう。

最後に屋根材のカラーベストや瓦屋根などの補修で使用するには「変成シリコン」が適してるといえるでしょう。
安いからといってシリコンコークを使用してはカラーベストなどの塗装をするときに塗膜が付かないですし、今後のことを考えて屋根や外壁など塗装が必要になる場所には間違いがない「変成シリコン」を使用しましょう。

また屋根材の補修は危険ですので、ご自分で屋根に上がらず、町の屋根やさん周南店にお任せください。


信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878