オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

周南市の方へ、屋根塗装の前に汚れを落とす高圧洗浄の必要性と注意点


屋根塗装、外壁塗装、まず行うのが「高圧洗浄」です。
屋根の汚れを落とす作業で、手を抜くと塗膜の剥がれなどの不具合の原因になってしまいます。
今回のコラムでは、高圧洗浄についてお伝えします。
屋根の汚れを高圧洗浄で落とす作業
周南市で行った高圧洗浄の様子です。

高圧洗浄は、屋根の表面のコケや藻、古くなった塗膜を高圧洗浄機を使用して水で落す作業です。
高圧という言葉の通り、ホースを使って水をかけるのとはわけが違います。
水圧は、約150kgf/㎠で、水道水のおよそ25~75倍に相当し、人の体に直接当たるとケガをしてしまうほどの圧力です。
この水圧で塗装面に付いたコケや汚れを「洗い落とす」というよりは「削ぎ落とす」という感じです。
家の大きさにもよりますが、家全体を洗浄すると丸一日かかることもあります。

「水しぶきが近隣の家に飛んでしまうので、念入りにはやらないでほしい」という方もいるかもしれませんが、高圧洗浄は重要な作業なので手を抜くことはできません。
高圧洗浄をせずに塗装すると、どうなるのでしょうか?
屋根や外壁に汚れが付いたまま塗装すると、塗料と塗装面がしっかりと密着しなくなり、塗膜が剥がれやすくなってしまいます。
「塗装してから数年で塗料が剥がれてしまった」ということにならないように、しっかりと洗浄作業をおこなう必要があります。
屋根の洗浄
高圧洗浄機
・騒音、洗浄水の飛散
高圧洗浄機にはガソリンエンジンが使われているため、かなり大きな音がします。
また、水しぶきが飛び散らないように飛散防止シートを張っていますが、完全に防ぐことはできません。
そのため、工事前に必ず施工業者に挨拶してもらうようにしましょう。


・水圧の調整
劣化している箇所を洗浄する場合には、水圧が高すぎると破損させてしまう可能性があるので、水圧を調整して洗浄します。
また、水を当てる向きによっては雨水が内部に浸入してしまうので注意する必要があります。

・乾燥時間
高圧洗浄で屋根の汚れを落としたとしても、すぐに塗装することはできません。
塗装面が濡れている状態で塗装すると、塗膜の膨れや剥がれなどの原因になってしまいます。
天候にもよりますが、1日は乾燥させる必要があります。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878