オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

山口市で工場・倉庫のスレート屋根のメンテナンスをお考えの方へ


工場や倉庫の屋根材とよく使用されているのが波型スレート(大波スレート、小波スレート)です。
波型スレートは耐用年数が長く丈夫な屋根材ですが、老朽化が進んでいる屋根が多く、街の屋根やさん周南店にもメンテナンスに関して多くのお問い合わせをいただいております。
山口市で工場や倉庫のスレート屋根の改修を考えている方も多くいるのではないでしょうか?
そこで今回のコラムでは、波型スレートについてお伝えします。
波型スレート屋根
波型スレートは、セメントと繊維を混ぜ合わせて、波型に加圧成形して固めたものです。
一般的な戸建て住宅で使用されるスレート屋根(カラーベスト、コロニアル)は薄い板状ですが、工場・倉庫に使用されるものは波の形をしています。
波が大きい「大波スレート」と波が小さい「小波スレート」があり用途が異なります。
大波スレートは屋根材だけでなく外壁材としても使用され、小波スレートは外壁専用の建材です。
ただし、古い建物の場合には、屋根にも小波スレートが使われていることもあります。
比較的安価な建材で、耐用年数が25年以上と長く、こまめなメンテナンスの必要がないのが特徴です。
また、耐火性や遮音性にも優れていることから多くの工場や倉庫で使われています。
波型スレートをカバー工法でメンテナンス
画像は、山口市で行った工場の波型スレート屋根のカバー工法の様子です。

・フックボルトの交換
波型スレートで最も不具合を起こしやすいのが、屋根材を固定しているフックボルトです。
フックボルトが錆びて隙間ができることで雨漏りが発生してしまいます。
また、屋根材を固定する力が弱くなり、強風で飛散しやすくなるので注意する必要があります。
隙間をコーキングで処理することで補修できますが、一時的なものなので、新しいフックボルトに交換することをおすすめします。
交換したフックボルトにボルトキャップを被せることで、錆を防ぐことができます。

・部分的な交換、張り替え
飛来物などの影響で一部が破損している場合には、部分的に張り替えます。
ただし、破損した箇所だけを張り替えると、雨水の流れが変わってしまうことがあります。
そうなると他の部分の負担が増えてしまい、そこがダメになってしまいます。
それを防ぐために、張り替えによって負担が増える部分も同時に交換します。

全面的に屋根を改修する場合におすすめなのが屋根カバー工法です。
波型スレートはアスベストを含んでいるものが多く、処分費が高くなりがちです。
屋根カバー工法なら、既存の屋根の上に金属屋根材(ガルバリウム鋼板)を被せる方法で、廃材がほとんど出ないので処分費がかからず、全面的に張り替えるよりも費用を抑えることができます。
また、屋根が2重になるので、断熱性が向上して、夏の暑さ対策にもなります。

波型スレートへの屋根塗装は可能ですが、おすすめはできません。
老朽化している波型スレートは脆くなっており、屋根材自体が割れてしまう可能性があります。
また、アスベストが含まれているので、高圧洗浄をすることができず、一般的ではありません。
ただし、2004年以降に生産された波型スレートであればアスベストを含んでいないので、屋根塗装が可能です。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878