オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

岩国市の方へ、塗装をするときに必ず足場が必要な理由とは


2020_01_15_12_28_53_996_5_R
塗装工事と足場がセットであることが多いです。
足場を設置すると手が届きにくい高所のところも安全に作業ができ丁寧に塗装ができるからです。
はしごだけで作業できるんじゃないかと思われる方もいるかもしれませんが、塗装に足場が必ず必要な理由があるのです。

近隣の配慮のために足場を設置する理由について。
塗装工事の工程の中で、高圧洗浄という工程があり屋根についた汚れ、劣化した油膜をきれいにすることで塗料が密着しやすくさせるためです。
高圧洗浄をする際には、水を吹きかけ汚れを飛ばしていくので近隣に飛び散らないように足場に飛散防水シートをつけることにより、近隣に汚れた水を飛散することを防止することができるのです。
高圧洗浄が終わり塗装の工程入りますが、職人さんが慎重に作業をしていても塗料が飛び散る可能性があるので飛散防水シートを張ることが必要になってきます。

安全に施工をするために足場を設置する理由。
塗料感は1缶約20キロあるので非常に重たいため、はしごで作業行うとバランスが悪いので危険なため足場が必要となってきます。
足場があることによって、転落防止になり大きな事故につながりにくくなり職人さんの安全を守るためにも必要となってきます。

職人さんに屋根塗装を正確に施工してもらうために足場を設置する理由。
屋根は足元が非常不安定で、劣化が進んでいるストレート屋根ではコケが生えていて滑ることがあるので非常に危険な場所です。
屋根の上では、足元が悪いため正確に施工をしてもらうためにも足場が必要となってきます。

山口県岩国市で、屋根塗装、外壁塗装でお困りの方は街の屋根やさん周南店まで。






2020_01_15_12_28_53_994_2_R-columns2
飛散防水シートを取り付ける前の足場の写真です。
2020_01_15_12_28_53_991_0_R-columns2
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878