オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

周南市の方へ、窓枠・サッシからの雨漏りの原因と対処方法


雨漏りと言えば「屋根から」というイメージを持っている方がほとんどだと思いますが、窓枠・サッシから雨漏りが発生することもあります。
雨漏りは建物の天敵で、そのまま放置していると被害が拡大してしまいます。
窓枠・サッシから雨漏りが発生した場合には、早めに対処する必要があります。
今回のコラムでは、周南市の方へ、窓枠・サッシからの雨漏りの原因や対処方法をお伝えします。
サッシ廻りのシーリング
画像は、周南市で行った無料点検で、出窓の周りのシーリングの様子です。
シーリングが劣化して、隙間ができています。

・シーリングの劣化
窓枠・サッシからの雨漏りの原因で最も多いのが、シーリングの劣化です。
窓枠を壁に取り付けると、窓枠と外壁の間に隙間ができます。
その隙間を埋めているのがシーリング(コーキング)というゴム状の建材です。
シーリングが劣化し、痩せたり、ひび割れると、そこから雨水が浸入してしまい、雨漏りの原因になります。

・外壁のひび割れ(クラック)
サッシ廻りの外壁に生じたひび割れが原因で雨漏りが発生します。
サッシの四隅は歪みの影響が出やすく、ひび割れが起こりやすい箇所です。
ひび割れの幅が0.3mm未満であれば早急な対処の必要はありませんが、それ以上の幅になるとそこから雨水が浸入してしまいます。
サッシの上側にひび割れがある場合には、サッシから離れている箇所だったとしても外壁内部を雨水が伝ってきて雨漏りしてしまうこともあるので注意する必要があります。
シーリングのひび
シーリングを撤去したサッシ周り
窓枠・サッシから雨漏りした時には、水が溜まる箇所にタオルや雑巾を置いて、水を吸い取ります。
定期的にタオルを絞るか交換するようにしてください。
カーテンが濡れる場合には、外して濡れない場所に置いておきましょう。

あくまでも応急処置なので、専門の業者に依頼して修理してください。
窓枠・サッシから雨漏りの修理をご自分でするのは困難なのでおすすめしません。
窓枠からの雨漏りを放置していると被害が拡大して、大掛かりな工事が必要になってしまう可能性があります。
修理費用を抑えるためにも、雨漏りを発見したらすぐに専門の業者に点検と修理をお願いしましょう。

周南市で窓枠・サッシからの雨漏りでお困りの方は、街の屋根やさん周南店にお気軽にお問い合わせください。

雨漏りの主な原因と補修方法はこちらをご覧ください
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878