オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

岩国市の方へ、幕板(帯板)の劣化は雨漏りの恐れがあります


幕板劣化
幕板とは帯板ともいわれ、1階と2階の外壁の境目やベランダ・バルコニーなどにも使用されている横長の板のことを指します。
繋ぎ目や隙間のカバーとして用いられることが多い部材です。
外壁部分に使われる幕板は、様々な材料が採用されていまして、基材に繊維混入セメント珪酸カルシウム板を用い表面をセラミックコーティングを施したものや、窯業系の材料を使ったもの、複合樹脂を使用したものなどがあります。
幕板の役割は外壁の繋ぎ目を隠したりもありますが、建物の意匠の面が大きいでしょう。
そんな幕板ですが、劣化しますと外壁を傷つけたりやベランダ・バルコニーの雨漏りの原因になりやすい箇所です。

軒天雨漏り
幕板は繋ぎ目を隠す役目があるように、幕板内の外壁と外壁の継ぎ目のシーリングが劣化してしまったり幕板上部のシーリングの劣化から水分が侵入して外壁材を内部に常に湿気を帯びている状態になり、外壁の割れや爆裂などの原因になります。
劣化した幕板を放置していますと、幕板自体が落下したり外壁を弱わらせて雨漏りの原因になるなど、家全体のダメージになります。
幕板のメンテナンス方法としては、塗料が少し剥がれている程度ですと幕板上部のシーリングを打ち替え再塗装で良いでしょうが、剥がれや割れが酷かった場合は幕板の交換工事になります。
また幕板の交換の際には、幕板内部の継ぎ目と幕板上部のシーリングも打ち替えましょう。
最後に、幕板は見た目をオシャレにするために付いている部材ですし、雨漏りの原因になりやすいですし、更に最近の住宅には幕板自体が設置されてない家が多いため、幕板のメンテナンスをする際には幕板を完全に撤去することもご検討すると家の為には良いと思います。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878