オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

周南市の方へ、幕板の劣化は雨漏りの恐れがあります


幕板ズレ
幕板とは、建物に用いられる横長の板の総称で、境界的な役割を持つことの多い部材です。
住宅を外から見ると1階部分と2階部分の間に帯のように細長い板が巻いてあるのが幕板です。
機能的な面よりも意匠的な意味合いで設置することの多い部材になり、横に入っているものを幕板と呼び、縦に入っているものを化粧板と呼びます。
建物を支える構造主体部ではないため取り付けられてない家も沢山ありますので、外壁としては無くてもよい部材です。
しかし、取り付けれているものが痛むと雨漏りに繋がる場合もありますので注意が必要です。
写真のように、上端に防水処理をしてなく幕板が膨張と収縮を繰り返し反りが発生してズレなどて、サイディングの繋ぎ目のシーリングが劣化して水の受け口になってしまうと外壁自体を痛めて雨漏りへ繋がります。

幕板コーキング
建物が局部的に劣化するという出来事の起こる原因のほとんどは水の入り口ができている、または水が溜まってしまう状態になっていることに起因します。
対策としましては、外壁内部に水が侵入する前に反りなどで劣化した幕板を一度取り除き、サイディングの繋ぎ目へシーリング処理をしてデザイン状幕板が必要であれば再度新しい幕板を設置して、幕板の上端をシーリング処理をして幕板の繋ぎ目にもシーリングで防水処理をすると良いでしょう。
雨漏りの原因といえば屋根からと思い浮かべる方も多いでしょうが、普段余り気にしない幕板部分からも雨漏りの多い箇所です。
幕板の劣化やシーリングの劣化を放置してますと、外壁自体の劣化も早めて欠け・爆裂などを起こし外壁の張替えなどメンテナンス費用も高額になりますので、外壁塗装をする際には幕板部分の状態も丁寧に見てもらい適切なメンテナンスを致しましょう。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878