オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

周南市で屋根工事の見積り書のどこを見ればいいか分からない方へ


屋根の工事をする時には、まず見積り書をもらうことになります。
屋根塗装の見積り書は、こう書くべきと決められているわけではなく、業者によって書式が異なります。
そのため、見積り書を見ても分かりづらかったり、どこを見ればいいのか分からないということが起こります。
今回のコラムでは、周南市の方へ、屋根工事の見積り書の見方についてお伝えします。
2階建て住宅の外観
屋根工事には、さまざまな工程が存在します。
そのため、記載項目も多くなるのが普通です。
例えば屋根カバー工法では、棟板金の撤去、防水紙(ルーフィング)の敷設、新しい屋根材の施工といった工程があり、それぞれに使用する材料なども細かく記載されているか確認しましょう。
屋根塗装であれば、下塗りと中塗り・上塗りで使用する塗料が違うので両方の塗料名、塗る回数も確認しましょう。
雨樋や破風板、軒天などの附帯部を塗装してもらう場合にも注意が必要で、部位の名称が記載されているか確認して、附帯部塗装などとまとめて記載されている場合にはどこを塗ってどこを塗らないのか確認してください。
基本的には見積もりに記載されていないことはしてもらえないと考えておきましょう。
塗ると約束してもただの口約束になり、言った言わないということになりかねないので、しっかりと記載してもらうことが大切です。
施工後の金属サイディング外壁の外観
コロナで屋根カバー工法をした屋根
また、数量が「m」や「㎡」でしっかりと明記されているか確認しましょう。
細かい部分であれば「一式」などと表記されますが、施工面積と単価が分かれば工事費用の相場と比較することもできます。
外壁塗装で単位が「坪数」で記載されている場合にも注意が必要です。
玄関ドアやサッシ廻りなど塗装しない箇所が存在するので、同じ建坪のお家であっても外壁塗装の施工面積は異なります。

ただし、項目が多ければいいというわけではなく、諸経費や雑費など同じような項目が並んでいないか注意する必要があります。
折板屋根の下塗り
1社の見積りを見るだけでなく、相見積もりを取るようにしましょう。
他の業者の現地調査の様子や見積り書の記載内容を比べることで、業者選びの参考になります。
安易に一番安い業者に決めるのではなく、内容をしっかりと確認してから決めましょう。

相見積もりの必要性と活用方法はこちらをご覧ください

周南市で相見積もりを取る業者をお探しの方は、街の屋根やさん周南店にお問い合わせください。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878