オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

棟板金の劣化の放置は危険です。棟板金の特性についてお伝えします


棟板金
棟板金ってご存知でしょうか?
棟板金とは、スレート屋根(カラーベスト・コロニアル)や金属屋根の、屋根と屋根の取り合い部分に被せる金属部材のことです。
屋根に棟が存在することで、屋根材の下に雨水が入り込まないようになっているのです。
しかし棟は屋根のてっぺんにある関係上、雨や強風の影響を強く受けてしまいますため、屋根の中で壊れやすい部分でもあるのです。
棟板金の寿命は、平均で約15年~25年とされています。
そのため15年以上経過している棟板金は劣化が始まっていると考えていいでしょう。
また台風や強風が多い地域などでは更に寿命が縮まる可能性もあります。





板金釘抜け
棟板金は釘で固定されているのですが、時間の経過や雨風によって釘が錆びたり、浮いたりしてしまうことがあり、これが劣化の初期症状です。
そこから劣化が進行しますと板金自体が浮き上がり、風に煽られてパタパタと音を鳴らすようになります。
このように棟板金の劣化は段階を踏んで進んでいきます。
棟板金が劣化してて、そのまま放置してますと屋根材の下に雨が染み込んで雨漏りを起こすだけでなく、最悪の場合には、棟板金が剥がれて地面に転落してしまいます。
もし棟板金の落下先に人がいたら大惨事になってしまうので、劣化の放置はしないようにしましょう。

棟板金のメンテナンス方法はこちらをご覧ください。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878