オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

周南市で経年劣化による棟瓦のズレ、棟取り直し工事で雨漏り解消


金峰中原棟崩れ
以前に周南市のお住まいのお客様より、「棟が崩れて雨漏りがする」とのことで現地にお伺いした時の屋根の棟瓦のことをお話ししたいと思います。写真を見ていただくとわかるように棟瓦がずれて崩れ落ちそうになっています。どうなったらこのような状態になるのか、未然に防ぐためにはどのようなメンテナンスをすればいいかをご紹介します。

棟瓦のズレ、崩れの原因

瓦屋根の棟の剥がれた漆喰
漆喰の剥がれ
瓦屋根は漆喰や瓦を留める銅線の経年劣化によってズレが起こります。
そのままズレが悪化してほおっておくと崩れて瓦が落下することに繋がります。
瓦が落ちて別の屋根に落ちて別の瓦が割れるなどの2次災害につながることもよくあることです。
崩れて瓦が落下して割れてしまうと差し替えなければいけません。
瓦によっては製造されていない瓦も多々あり、予備の瓦もなければ葺き替えなければいけないケースもあります。
棟瓦からの雨漏りも多いので定期的なメンテナンスが必要となります。

棟瓦のメンテナンス方法

棟巻き替えで棟瓦の撤去
棟巻き替え(棟瓦取り直し)
実際に点検を行うのは屋根に上がって確認するのが1番なのですが、瓦の上に上がり歩くのはとても危険です。なので下から棟瓦がズレていないか、まっすぐになっているか目で確認しましょう。
あと瓦と棟瓦の間に隙間があり漆喰にヒビが入っていないか確認しましょう。
漆喰のヒビや剥がれが軽微な場合には、古くなった漆喰を剥がして詰め直す「漆喰詰め直し工事」を行います。
棟瓦がズレている場合には泥や漆喰が崩れている可能性がありますので、棟瓦をいったん取り外して新しい漆喰で積み直す「棟瓦の取り直し工事」が必要となります。
漆喰にヒビが入ってたり、棟瓦にズレがあれば早急に街の屋根屋さん周南店までご連絡ください。


信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878