オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

光市の方へ、波型スレート屋根のメンテンナンスをお考えの方へ


波型スレート
戦前から長く工場や倉庫などの屋根に使われてきた「波型スレート」ですが、「築年数も長く雨漏りも心配なので何とかしたい」などよく相談を受ける屋根材です。
波型スレートは、一般的な住宅のスレート材と同様にセメントに繊維素材を混入して強化した波型状のことを言います。
2003年以前のものにはアスベストが含有されており、2004年以降のものにはアスベストは含まれていません。
主な特徴としては、価格が比較的安価であり、耐用年数も25年以上と長く耐火性・遮音性にも優れた屋根材です。
しかし、土埃や汚れが付きやすくアスベストが含有しているスレートは、撤去時に高額な処分費が掛かります。



波型スレート苔
スレート材を固定しているフックボルトは金属製のため錆でボロボロになり、隙間などができてしまい雨漏りが発生してしまうことは経年劣化した波型スレートでよく起こっている問題です。
コーキング材などでそれなりに対応はできますが、錆びてしまったフックボトルは交換してしまうことをお勧めします。
更に新しいフックボトルに錆防止のため、ボトルキャップを被せてあげましょう。
フックボトルが細くなったり欠落してしまうと、スレート波板が動くようになり強風などで飛散してしまい被害が拡大してしまいます。


張り替えたガルバリウム屋根
波型スレートのメンテナンス方法としては、部分補修・屋根塗装・カバー工法・屋根葺き替えの4種類ありますが、全体的に老朽化してきた波型スレートは、痛んだ部分だけを交換すると負担が大きくなり、他の部分も悪くなる可能性があり交換する必要があります。
また波型スレートの塗装によるメンテナンスは可能ですが、老朽化した波型スレートは脆く簡単に割れてしまうため塗装工事が無駄になる可能性があります。
更に、カバー工法と葺き替え工事を比較しますと、年数の経過している波型スレートはアスベストを含有しているため、アスベストの処分費を考えますと、ガルバニウム鋼板など金属屋根でのカバー工法がメンテナンス方法は最適でしょう。
波型スレートの最適なメンテナンス方法はこちらをご覧ください。
屋根カバー工法の説明はこちらをご覧ください。


信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878