オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

山口市の方へ、屋根の下地となる野地板の補修方法をお伝えします


山口市のお客様よりお見積りのご依頼をいただきました。
築30年のスレート屋根のお宅で、屋根カバー工法による工事を希望されていました。
しかし、築30年で屋根の下地となる野地板が劣化しているようでしたので、屋根カバー工法ができないことを説明させていただき、屋根葺き替え工事を提案しました。
野地板は目に見えず、状態を気にしている方はいないのではないでしょうか?
しかし、野地板は屋根の重要部分で、屋根工事をする時には知っておくことをおすすめします。
そこで今回のコラムでは、野地板が劣化していると屋根カバー工法ができない理由や補修方法をお伝えします。
野地板
野地板とは、屋根の下地のことです。
野地板の上に防水紙(ルーフィング)を敷き、屋根材を固定しています。
屋根材の下にあるので普段は見えませんが、屋根材と防水紙の土台となる重要な部分です。
屋根の構造を支えているので、野地板が劣化して腐食すると耐風性や耐震性が低下してしまいます。
ルーフィング
画像は、山口市で行った屋根カバー工事の様子で、スレート屋根の上から防水紙を張っています。
屋根カバー工法は、スレート屋根のメンテナンスをする時におすすめの工事方法です。
既存の屋根を撤去せずに上から新しい屋根材を被せる工事で、屋根の撤去費用と処分費用を節約できます。
しかし、野地板が劣化していると屋根カバー工法によるメンテナンスはできません。

新しい屋根材の固定は、既存の屋根材に固定するのではなく、野地板に固定します。
野地板が傷んでいる場合には、新しい屋根材をしっかり固定することができないので、屋根カバー工事はできません。
野地板の重ね張り
野地板の補修は、防水紙と屋根材を剥がさなければできません。
屋根葺き替え工事の時しか補修する機会がないので、たとえ野地板が劣化していなくても必ず補修してください。

野地板の補修方法は、「増し張り(重ね張り)」と「張り替え」です。
・増し張り
野地板が腐食していない場合に行います。
古い野地板に新しい野地板を重ね張りすることで、屋根の強度を確保できます。

・張り替え
野地板が腐食している場合に行います。
古い野地板を撤去して、新しい野地板に交換します。
野地板を留め付けている垂木も腐食している場合には、垂木も交換します。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878