オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

周南市の方へ、屋根リフォームで省エネ住宅にして地球温暖化対策


現在、世界規模で進んでいる地球温暖化を防止するために様々な取り組みが行われています。
家庭から排出されるCO2(二酸化炭素)は、日本全体の排出量の約15%を占めます。
温暖化の防止には、一人一人が意識してCO2の排出を減らすことが大切です。
省エネ住宅にして、エアコンなどの消費を減らすことが温暖化防止につながります。
今回のコラムでは、温暖化対策のための屋根リフォームについてお伝えします。

屋根リフォームで省エネ住宅へ

スレート屋根(カラーベスト)の塗装
画像は、周南市で行った遮熱塗料での屋根塗装の様子です。

屋根塗装に遮熱塗料を使用することで、部屋の温度を最大で約3℃低下させることができます。
遮熱塗料とは、太陽の光を効率よく反射して建物が受ける熱の影響を減らし、室内の温度上昇を抑制する塗料です。
通常の塗料と比べても耐用年数が短いということはなく、価格もそれほど変わりません。
最近では遮熱塗料を選ばれるお客様も増えてきており、屋根塗装を検討されている方にはおすすめです。

屋根塗装の詳細はこちらをご覧ください
屋根材コロナの施工
屋根カバー工法は、既存の屋根の上から新しい屋根を重ねる工事です。
屋根が2重になるので、断熱性を高めることができ、室内の温度上昇を抑えることができます。
新しい屋根材にはガルバリウム鋼板を使用することが多く、屋根材の裏面には硬質ウレタンフォームなどの断熱材が施されており、断熱効果を期待できます。
スレート屋根の傷みが激しく、屋根塗装ができない場合におすすめです。

屋根カバー工法の詳細はこちらをご覧ください
換気棟
一般的な棟板金を換気機能のある換気棟に交換することで省エネ効果を期待できます。
換気棟とは、屋根の頂上部分(棟)に設置される部材で、屋根裏(小屋裏)の暑い空気や湿気を外部に排出する役割があります。
暖かい空気は上の方に集まるので、屋根の一番上に設置される換気棟は効率よく熱を排出することができます。
自然現象を利用した換気システムなので電気代もかからず、維持費用は通常の棟板金とほとんど同じです。
「空気が外に出るのなら雨水が浸入するのでは?」と心配される方もいると思いますが、雨漏り対策がしっかりとされており、専門知識と実績のある職人が施工すれば雨漏りが発生することはありません。
棟板金のメンテナンスをお考えの方におすすめです。

棟換気の詳細はこちらをご覧ください
棟板金の交換工事の詳細はこちらをご覧ください
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878