オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

岩国市の方へ、屋上や陸屋根住宅のパペットの役割とは?


パラペット
パラペットとは、建物の屋上や陸屋根住宅などの平らな屋根の周囲に立ち上げられた低い壁のことです。
パラペットの別名は、「胸壁」「扶壁(ふへき)」「手すり壁」とも呼ばれます。
そんなパラペットですが、大変雨漏りの原因になりやすい箇所になります。
パラペットは基本、木造住宅ではほとんど見ることはなく、マンションや商業ビル、鉄筋コンクリートの陸屋根家屋の屋上やベランダ・バルコニーに用いられるもので、転落を防いだり、屋根スラブと壁面との接合部の防水効果を高め補強するために設置されています。
陸屋根は勾配がほとんどなく、屋根が張り出していないので雨水を外に流すことができません。
では、どうするのかというと、屋根の外周部に排水溝を設け、そこから排水口に向かって水が流れるようにします。
勾配が緩く、跳ね出しが短い屋根は、雨が上手く流れず下流への漏水の原因になりますし、水の道から雨水が入って材料の劣化に繋がります。
そのため屋根の周囲には「立ち上がりの壁」を設け、この壁が「パラペット」で、防水上必要な立ち上がり壁といえます。

パラペット
パラペットには、パラキャップとも呼ばれる「笠木」が、天板からの防水効果を高めるために施工されています。
しかしこの笠木は、大変雨漏りの原因になりやすい場所になります。
笠木は、継ぎ目の処理と壁との隙間をコーキングで防水処理をしており、経年と共に笠木内部に水が入ったり、結露等で笠木の裏面が腐食するなどありました。
そのため現在の笠木は、ガルバニウム鋼板などの劣化しにくい金属笠木で施工されています。
他には、内樋が劣化し雨漏りの原因になっている場合には、内樋自体の板金施工します。
以前は内樋の金属にトタンを使用することがほとんどでしたが、現在はガルバニウム鋼板を使用します。
ガルバニウム鋼板はトタンと比較しても、耐久性やメンテナンス性に優れている素材です。
更にパラペットの防水シートが経年劣化で破れたり裂けてたり穴がある場合には、そこから雨水が侵入しますので、防水シートを部分的に張り替えたり、全体的に張り替えるメンテナンスが必要になります。
最後にパラペットは雨水が侵入しやすく、雨漏りの原因になりやすい場所ですので、定期的に点検・メンテナンスを心掛け


信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878