オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

周南市の方へ、おすすめのアスファルトシングル屋根材「リッジウェイ」とは?


カバー工法でリッジウェイを施工した屋根
北米では人気の屋根材アスファルトシングルですが、近年、日本でも人気が高まっています。
その中でも街の屋根やさんがおすすめするひとつが旭ファイバーグラス株式会社の「リッジウェイ」です。

アスファルトシングルとは

屋根材には、瓦屋根、スレート屋根、金属屋根など様々な種類がありますが、アスファルトシングルもそのひとつです。
屋根材の下には防水紙(ルーフィング)が敷かれており、アスファルトルーフィングや改質アスファルトルーフィングといったものがあります。
アスファルトシングルは、これらの防水紙に砂粒を吹き付けて、屋根材として使用できるようにしたものです。

リッジウェイの特徴

リッジウェイ独特の2層構造と粒状彩色石をランダムに塗布したグラデーションが、立体感ある陰影を演出し、自然な風合いを屋根に与えます。
棟や谷部分も同じシングル材で仕上げることができるので、統一感と高級感が出ます。
洋風なお家はもちろん、和洋折衷のお家にもピッタリな屋根材です。
表面の石は陶器瓦のように焼き付け塗装されており、色褪せや変色を抑えます。
リッジウェイの重量は、瓦の1/4と軽量です。
屋根の重量は耐震性に影響し、軽い屋根材を使用することで建物への負担が少なくなります。
また、重い屋根と比べて建物の重心の位置が下がるため、地震の際の揺れの幅を小さくすることができます。
リッジウェイは、地震時の屋根材の割れ・剝がれによる落下の危険性も低減します。
アスファルト基材とファイバーグラスマットで構成されており水分を含みません。
もともとアスファルトシングルは、屋根材の下に敷かれる防水紙が屋根材として進化したものなのでとても防水性に優れています。
屋根飛び火認定試験に合格し、高い防火性能を認められています。
内装制限付きですが、準耐火構造にも使用できます。
柔らかく割れにくい素材でできており、踏み歩きや落下物などによって屋根材にひびが入ったり、割れるという心配はありません。
また、表面の細かな彩色石が音を拡散させ、弾性アスファルト基材が衝撃を吸収することで、雨音を軽減させます。
リッジウェイの製品製造上の不具合により発生した雨漏りや製品の飛散が生じた場合は、旭ファイバーグラス株式会社が10年間、保証書に記載された範囲で保証します。
この10年保証の対象は、製品本体の他、補修工事代金も含まれます。
耐久性があり、工期が短く、材料コストも低いため、少ない初期費用での導入が可能です。
また、メンテナンスなどのランニングコストも安価で済みます。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878