オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

山口市の方へ、陸屋根(屋上)のメンテナンス方法をお伝えします


スレート屋根金属屋根は定期的なメンテナンスをすることで長持ちさせることができます。
ご近所で屋根工事をしているのを見たことがある方も多いと思います。
そのため、屋根塗装葺き替えなど、どういった工事をするのか、なんとなくなら分かるという方もいると思います。
ですが、陸屋根はどうでしょうか?
どういった工事をするのか、知らない方がほとんどだと思います。
そこで、今回のコラムでは、陸屋根のメンテナンス方法についてお伝えします。
シート防水の陸屋根
陸屋根(りくやね)とは、傾斜がなく平らな屋根のことです。
降った雨水がそのまま外壁を伝って流れ落ちないように、外周部分が立ち上がり、枡のように凹型になっています。
ほとんど勾配がないので水はけが悪く、他の形状の屋根よりも雨漏りのリスクの高い屋根です。
雨漏りしないように防水施工されています。
防水層を形成することで雨漏りを防ぎます。
この防水層は、経年や紫外線、雨水により劣化してしまい、防水層の剥がれや破れなどの不具合が起きて雨水が浸入してしまいます。
雨漏りを防ぐためには、防水層のメンテナンスをする必要があります。
防水工事のプライマー塗布
山口市で行った陸屋根の防水工事の様子です。
スレート屋根や金属屋根であれば、早めに屋根塗装をすることで長持ちさせたり、費用を抑えることができます。
陸屋根も同じで、早めにメンテナンスをすることで、費用を抑えることができます。
防水層の表面には、保護するためのトップコートが塗布されています。
トップコートが劣化していると熱や紫外線の影響で防水層が急速に劣化してしまいます。
防水層が傷んでおらず、トップコートが傷んでいるだけであれば、トップコートを塗り替えることでメンテナンスができ、費用も安く済みます。
8~10年程度でトップコートを塗り替えることをおすすめします。

スレート屋根や金属屋根では屋根塗装を行いますが、防水層に劣化が見られる場合には、防水工事を行います。
防水の種類は、ウレタン防水、シート防水、FRP防水などがあります。
防水の種類により特徴が異なりますので、その場所に合った防水方法を選ぶことが大切です。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878