オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

山口市の方へ、家を雨漏りから守るルーフィングの重要性について


ルーフィング
既存の屋根材の上に新しい屋根材を重ねて張る「カバー工法」にて、ルーフィング(防水紙)の重要性についてお伝えします。
ルーフィングとは聞きなれないと思いますが、屋根材の下に敷く防水シートのことです。
屋根材の下に隠れてしまうので、新築時か葺き替え工事か屋根カバー工法でないと目にする機会はないでしょう。
そのため、劣化や破れになかなか気が付きにくく雨漏りなど被害が出た後に状態を目にするでしょう。
屋根材は施工時などに勉強をして深く検討される方も多いでしょうが、ご自宅のルーフィングが何を使用して施工されているか分かっている方は少ないでしょう。
家を雨から守るために屋根材は重要ですが、屋根材以上にルーフィングが大事ともいわれています。

ルーフィング
ルーフィングの役割としては防水ですが、正しくは屋根材の雨仕舞で防ぎきれず屋根材の下に侵入を許してしまった水を、屋根内に入れずに外に流すことで、屋根材の機能とセットでの防水効果になります。
ルーフィングには大きく分けて3種類あり、アスファルトルーフィング・透湿ルーフィング・遮熱ルーフィングです。

●アスファルトルーフィングは、名前の通り道路のアスファルトと同じ成分で作られていて原紙と呼ばれるフェルト状のシート紙にアスファルトを染み込ませて作られています。
中でも改質ゴムアスファルトを使用したものは、自己接着性があり伸び曲げに強いので木造住宅でお勧めです。
●透湿ルーフィングは、透湿性・耐久性・防水性に優れていて、熱と圧力だけで結合させた不織布状シートです。
野地板の湿気を素早く野外に透過・放出する効果もあり、結露の発生を制御し野地板の腐敗・変形を防ぎます。
●遮熱ルーフィングは、アスファルトルーフィングの約150倍の透湿性があり小屋裏の湿気を速やかに逃がし凍結と腐れを防ぎます。
遮熱性に大変優れていますので、夏は外からの熱を反射し、冬は屋内の熱を逃がさない、住まいの耐久性と省エネ効果が期待できます。
「ルーフィング(防水紙)の重要性」のコラムはこちらからご覧ください。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878