オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

ルーフィング(防水紙)の止水性とは、おすすめのルーフィング


田島ルーフィングの屋根下葺材タディスセルフ
屋根は表面の瓦やスレート(カラーベスト)、金属だけでなく、その下に敷かれているルーフィング(防水シート)でも雨漏りを防いでいます。
屋根材だけでは雨水の浸入を完全には防ぐことができず、屋根のほんの少しの隙間から雨水は侵入してしまいます。
そのため、屋根材の下に防水性のあるシートを敷くことで、建物内部に雨水が浸入するのを防いでいます。
ルーフィングの重要性はこちらをご覧ください
ルーフィングは、釘で固定する他に、大型のホッチキスに似たタッカーと呼ばれるものを使用してステープル(コの字型をした針)で固定します。
釘やステープルで固定すると当然、ルーフィングに穴が開くので、そこから雨水が浸入する可能性があります。
ルーフィングの固定に釘やステープルなどを使用しない粘着タイプのルーフィングもありますが、屋根材を釘で下地に固定するのでルーフィングにも穴が開くことになります。
そこで重要なのが、ルーフィングの「止水性」です。

止水性とは釘やステープルを締め付ける性能のことで、釘穴シール性とも言います。
ルーフィングが釘やステープルを締め付けて、穴から雨水が浸入するのを防ぎます。
一般的なルーフィングは温度変化や経年で止水性が低下してしまうので、ルーフィングが破れていなくても釘穴から漏水するリスクが高くなります。
そのため、ルーフィングを選ぶ際には止水性の高いルーフィングを選択する必要があります。
ルーフィングの止水性の評価試験として、釘穴シール試験が定められています。
試験体であるルーフィングの釘に対して、水を入れて漏水がないかを確認することで評価します。
・粘着キングS
高い防水性能と釘穴止水性を持つ粘着式のルーフィングです。
粘着式なので、釘・ビス穴が少なくなり、高い防水性を維持できます。
粘着キングSの詳細はこちらをご覧ください

・モラサン
モラサンは、耐久性や防水性に優れた高品質なルーフィングです。
モラサンの詳細はこちらをご覧ください
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878