オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

錆びた鉄部の塗装で重要なケレン作業とは?


ケレン
鉄部を使用している箇所といえば、トタン屋根・庇・ベランダの手すりなどありますが、そうした鉄部の塗装では錆の発生がつきものです。
鉄部の塗装では、サイディング・モルタルなどの外壁と比べて耐久性が短いといわれています。
鉄部は、雨や空気中に含まれる湿気に反応して錆を作ります。
鉄部に錆が発生すると、腐食が早く進行し鉄自体の強度も弱めてしまいます。
そのため錆が起きないように塗装で表面をしっかり保護しておかなければなりません。
通常、鉄部に塗装を施した状態では錆は発生しません。
ただ、経年劣化や地震などにより、ひび割れが生じ、鉄部が剥き出しになると錆は発生しますため、塗装による保護が大切になるのです。



サビ止め
錆びた鉄部の塗装では、まず発生している錆を落とさないといけません。
そこで重要なのが「ケレン作業」で、どんなに高性能の錆止め塗料や高機能の塗料を使用してもケレン作業で錆を落としてないと効果を発揮しません。
ケレン作業とは、鉄部に残っている古い塗膜や錆をサンドペーパーやワイヤーブラシなどを使い落とすことですが、錆を落とすだけでなく塗装後の錆の広がりを抑制し、塗料の密着性を高める非常に重要な作業になります。
表面に錆が発生している状態で上から塗装をしても、塗膜の内側の錆は進行し続けます。
錆を根本から除去して、進行させないことが大切でケレン作業で錆をしっかり除去し、錆止め塗料を塗布することで、錆が発生しにくい鉄部になるのです。

トタン屋根の詳しい塗装方法はこちらをご覧ください。


信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878