オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

サッシ部分からの雨漏りの原因とメンテナンス方法について


サッシ
今回はサッシ部分から雨漏りしてしまう原因についてお伝えします。
まず、窓のサッシは、雨風の侵入を防ぐために防水テープ・防水紙・シーリング材などで、窓を閉めた際に隙間ができないようにしています。
築年数が浅い住宅ほど気密性が高いのは、窓が隙間なく閉まるからです。
また、寒冷地などでは二重窓になっていることも多く、そのような窓は通常の窓よりも気密性が高くなっています。

サッシ
サッシから雨漏りするようになると、窓の周囲が濡れます。
窓の周囲が濡れる場合には結露もありますが、雨漏りの場合は雨が降っている最中や降った後に濡れるので、結露と雨漏りを見分けることは、それほど難しくありません。
特に台風など風雨が強いときには、窓の周りが広範囲にわたって濡れることがあります。
この状態を放っておくと、カビが生えたりサッシ周りの外壁が劣化したり雨漏りした部分が腐食したりします。
サッシ部分の雨漏りには、窓枠周辺の外壁のひび割れとシーリング材の劣化が主な原因として挙げられています。
メンテナンス方法としては、シーリング材の撤去・充填がありますが、ご自分で量販店で売っているようなシーリング材を使用して施工せずに専門業者へご依頼ください。
シーリングの施工をサイトなどで、「自分で出来る補修」として見かけますが、素人が下手に充填しまうと、湿気や雨水の逃げ道あるいは空気の通り道を塞いでしまいます。
そして劣化の発見が遅くなった場合、サッシ全体を交換になり費用が高額になってしまうことになりますので、雨漏りを発見したら「町の屋根やさん周南店」へご連絡ください。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878