防府市でセメント瓦の点検・メンテナンスを考えている方へ


屋根材には多くの種類があり、それぞれ耐用年数や特徴、メンテナンス方法が異なります。
例えば、陶器瓦は塗装できませんが、スレート材(カラーベスト、コロニアル)は定期的に塗装することで屋根の寿命を延ばすことができます。
ご自分のお家の屋根に使われている屋根材の特徴を理解して、適切なメンテナンスを行うことが大切です。
今回のコラムでは、たくさんある屋根材の中のセメント瓦についてお伝えします。
セメント瓦屋根
セメント瓦は、セメントを主原料とした瓦のことです。
瓦と呼ばれていますが、和瓦よりも同じ素材のスレート材に近い性質を持っています。
耐用年数は30~40年程度で、耐火性に優れています。
素材がセメントなので屋根材自体の防水性能は低く、防水性能を表面の塗膜に頼っています。
塗膜は紫外線や雨水の影響で劣化してしまうので、防水性能を維持するために定期的な塗装が必要になります。
セメント瓦の塗装
防府市で行ったセメント瓦の屋根塗装の様子です。

セメント瓦の塗膜が劣化して雨水が染み込むようになると、セメントの成分であるカルシウムが流出して、表面がざらついたり、エフロレッセンス(白華現象)が起きます。
※エフロレッセンス(白華現象)はセメントの成分が水分によって溶かされて表面に染み出して白く汚れる現象のことです。
そうすると瓦の強度が低下して、少しの衝撃で割れてしまうこともあります。

セメント瓦のメンテナンス方法は屋根塗装です。
表面の塗膜を塗り替えることで、見栄えを良くするだけでなく、防水性能を回復させます。
屋根塗装の工程
1.まず、高圧洗浄で表面の汚れを落とします
2.下地の状況によって下塗り材を変えて、下塗りを行います。
3.仕上げ塗料で中塗り・上塗りと2回塗ります。

屋根塗装だけでなく、棟瓦を固定している漆喰の詰め直しや棟瓦の取り直しも必要になります。

セメント瓦の傷みが激しい場合には、屋根塗装ではなく、屋根葺き替え工事を行います。
新しい屋根材には、建物の耐震性の向上や今後のメンテナンスのことを考えて、ガルバリウム鋼板がおすすめです。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878