オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

周南市の方へ屋根の漆喰が剥がれるとどうなるの?剥がれる原因は?


漆喰とは

屋根の漆喰
「漆喰」とは、瓦と瓦の隙間を埋める白いセメントのようなものです。
この漆喰は時間の経過とともに劣化してしまい、剥がれたり、崩れてしまいます。

漆喰が剥がれると、棟瓦の土台となっている葺き土に直接雨水が当たることになり、葺き土に雨水が浸透して雨漏りの原因になります。
また、次第に葺き土が流れ出て棟に積んだ瓦がズレたり崩れたりすることもあります。
漆喰が劣化すると瓦の固定力が弱まり、瓦が動きやすくなることで瓦の割れや欠けにもつながります。

棟が崩れることで、屋根材の下に雨水が流れ込み、防水紙や野地板を劣化させ、雨漏りします。
強風や地震で落下する危険性もあります。
鬼瓦の漆喰の剥がれ
のし瓦の下の三日月漆喰と同じように鬼瓦のまわりの漆喰は直接、太陽、雨、風にさらされるので削り取られていくことが多くなります。
漆喰が削り取られることで、できた隙間から雨水が侵入することがあります。

漆喰が剥がれる原因

剥がれた漆喰
剥がれた漆喰の写真です。

葺き土の外側に漆喰を塗るという構造をしているため、漆喰と葺き土の間に境目があり、年月が経過することで隙間が開いてくることがあります。
漆喰は風雨と温度変化によって劣化したりが割れたりします。
こうして漆喰が劣化した時に、強風や地震で棟や葺き土が動くことで漆喰を押し剥がしてしまいます。
また、隙間から侵入した雨水が漆喰を押して剥がすこともあります。

まとめ

漆喰は、風雨が直接当たっており、年月が経過するとともに劣化し剥がれます。
漆喰が剥がれたとしても屋根材の下には防水紙もあるため、すぐに雨漏りすることはありません。
ですが、剥がれを放置することで棟がズレたり崩れると補修費用が余計に掛かることになるので、漆喰の剥がれを見つけた場合には早めのメンテナンスをおすすめします。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878