オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

光市の方へ、瓦屋根の漆喰は大丈夫?漆喰の特徴とメンテナンス方法


漆喰剥がれ
瓦屋根に使用されてる「漆喰」とは、昔から日本では内装外装において使われてきた白い建材料です。
有名なところでは、白鷺と形容される姫路城の壁にも漆喰が用いられています。
瓦屋根では瓦の固定や接着に用いられ、陶器瓦は基本劣化しませんが、漆喰は風雨や寒暑、直射日光に晒され続けているため日々劣化していっています。
この漆喰が剥がれ落ちたり劣化しますと、瓦を固定している力が弱まりちょっとした風などで瓦がズレたりします。
最悪の場合は、瓦が転落したり棟瓦が崩れたり、剥がれた漆喰の隙間から雨水が侵入して下地(野地板)が腐食したり、雨漏りの原因になります。
また剥がれ落ちた漆喰が雨樋を詰まらせることにもなり、家全体に悪影響を及ぼします。
そのため屋根瓦の点検をするときには、必ず漆喰の状態もチェックします。

漆喰剥がれ
漆喰のメンテナンス方法は大きく2つで、劣化状態が軽微ならば「漆喰詰め直し工事」で、状態が重症ならば「棟瓦取り直し工事」になります。
「漆喰詰め直し工事」は、痛み始めた既存の漆喰を取り除き、その時にしっかり元の状態の履き土が見えるまで剥がした方が密着性が良いため長持ちします。
その後漆喰を馴染みやすくするため、履き土を湿らせ漆喰を塗り込んでいきます。
その際に専用のコテで、雨仕舞いを考慮して漆喰の量を調整して塗り込むことが大切です。
「棟取り直し工事」は、棟瓦(屋根の頂上部分の瓦)を一旦取外し、再度新しい漆喰を詰め直して棟瓦を再び設置します。
漆喰補修工事は、火災保険が適応になることがあります。
その理由は火災保険の「風災補償」にあり、台風などの強い風で自宅が被害を受けた場合に、その補修費用をご加入の保険会社が支払ってくれる制度です。
漆喰の剥がれや崩れは、経年劣化によるものと思われがちですが、風や雨、雪などの影響で漆喰は痛んでいくため保険適応されます。
最後に、漆喰は痛みやすく雨漏りの原因になりやすい箇所ですので、台風などの強風の後などは点検をご依頼すると良いでしょう。
更に詳しい「漆喰」については、こちらからご覧ください。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878