オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

柳井市で屋上のシート防水のメンテナンスをお考えの方へ


シート防水
戸建て住宅の陸屋根やマンションやビルの屋上などで広く普及しているシート防水とは、シートを貼り付けることにより雨水の浸入を防ぐ防水のことをいいます。
伸縮性に富んだシート(ゴム系・塩ビ系)を使用するので、建物の収縮に追従性する優れた防水材料といえます。
しかし、防水材がシートの形状のため繋ぎ目に重なる部分が生じることと、防水下地の平滑さが必要とされます。
更に、塩化ビニール系シートは耐久性が高く下地の状態にも柔軟に対応できるメリットがあります。
また、シート自体に防水機能があり、ほとんどの防水工事は溶剤や樹脂、液体といった材料を使用し、そのため溶剤などでは強い臭いが発生することがありますが、シート防水の場合には臭いが少ないというメリットもあります。

シート防水
シート防水のメンテナンス方法としては、シートの劣化がない場合にはトップコートの塗布のみで良いでしょう。
既存防水シートがゴム系でトップコートが塗布されている場合は、紫外線や摩耗に強いウレタン樹脂をローラーなどで塗ります。
またトップコートの塗布は使用した塗料によりますが、5年~10年で塗り替えが必要になります。
更に、シート自体に剥がれや破れなど劣化状況が進行している場合には、劣化部分の撤去を行ってからシート防水を施します。
最後に、シート防水は耐候性に優れた材料を用いた防水ではありますが、月日が経つと劣化いたしますので10年ごとには点検をして劣化状況にあったメンテナンスを心掛けしましょう。
コラム~「シート防水が施工された屋上のメンテナンス方法」はこちらもご覧ください。





信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878