オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

山口市の方へ、スレート屋根の塗り替えの時には棟板金の交換をおすすめします


現在、最も使用されている屋根材はスレート屋根(カラーベスト、コロニアル)です。
ご自分の家の屋根がスレート屋根で、メンテナンスのために屋根塗装をしている方もいると思います。
屋根塗装は、スレート屋根の寿命を延ばすことができるのでおすすめしています。
ただ、塗り替えの時に棟板金はどうしていますか?
おそらく、屋根本体と同じように塗装していると思います。
ですが、棟板金は塗装ではなく、交換することを検討してみてはどうでしょうか。
スレート屋根
画像は、山口市で塗り替えを検討しているお客様の家のスレート屋根です。
築12年で初めての塗り替えのようで、棟板金を交換することも提案させていただきました。

棟板金はスレート屋根の中でも雨漏りの原因になりやすい箇所で、メンテナンスの必要性が高い部位です。
屋根塗装をすると次に屋根の工事をするのは10年くらい先になり、その間に棟板金のメンテナンスをすることもないでしょう。
棟板金の素材はトタンやガルバリウム鋼板がほとんどで、耐用年数は15~20年以上期待できます。
そのため、棟板金も塗装で十分なように感じますが、棟板金を固定している釘や貫板はもっと早く寿命を迎える可能性があるのです。
釘が錆びて浮いたり、内部に浸入した雨水で貫板が腐食して、棟板金の剥がれや飛散につながります。
棟板金を塗装することで、錆の発生を抑制できますが、棟板金を固定している「貫板(ぬきいた)」の劣化が回復するわけではありません。

棟板金の不具合を防ぐためにも、10~15年程度で棟板金を交換することをおすすめします。
ちょうど一度目の屋根塗装と同じ時期なので、屋根塗装の時には棟板金を塗装せず交換してはどうでしょうか。

棟板金の交換工事の流れはこちらをご覧ください
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878