オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

山口市の方へ、スレート屋根の雨漏りの原因と修理方法をお伝えします


山口市で雨漏りしているスレート屋根の屋根工事をさせていただきました。
屋根材に割れなどは見当たらず、いつのまにか雨漏りが発生してしまい、街の屋根やさん周南店に連絡されたようです。
スレート屋根は現在、最も使用されている屋根材です。
屋根の不具合で雨漏りが発生しても困らないように、ご自分の家のスレート屋根のことを知っておいてはいかがでしょうか?
今回のコラムでは、スレート屋根の雨漏りについてお伝えします。

スレート屋根とは

スレート屋根
スレート屋根(カラーベスト、コロニアル)は、セメントに繊維状の素材を混ぜて薄い板状に成型したものです。
厚さは5mm程度と薄く軽量で、施工しやすく、安価なので、多くの屋根で使用されています。
耐用年数は、20~30年程度と言われており、一般的には新築から10年程度を目安に塗り替える必要があると言われています。
主成分がセメントなのでスレート自体の防水性は低く、表面を塗膜で覆うことで雨水から保護しています。
太陽光や風雨により、この塗膜が剥がれると、防水性が低下していき、スレートの不具合につながってしまうので、屋根塗装で防水性を回復させることでスレート屋根を長持ちさせることができます。

屋根塗装の流れはこちらをご覧ください

雨漏りの原因

スレート材のひび
強風時の飛来物やアンテナの倒壊などによって、スレート材にひびが入ったり、割れてしまうことがあります。
ひび割れた隙間から雨水が浸入して雨漏りの原因となります。
軽度のひびや割れであればコーキング材で補修できます。
破損が酷い場合には、新しいスレート材に交換します。
棟板金の釘の浮き
スレート屋根の雨漏りの原因で最も多いのが、雨仕舞のための板金の不具合です。
経年で劣化して、棟板金の釘が緩むと、棟板金が浮いてしまい、雨水が浸入して雨漏りにつながります。
釘の浮きは打ちなおしてシーリングで処理することで対処できますが、棟板金の交換をおすすめします。

棟板金交換工事の詳細はこちらをご覧ください
タスペーサー施工
屋根塗装が雨漏りの原因になることがあります。
スレート屋根の塗り替えでは、屋根材の重なり部分に排水と通気のための隙間をつくる「縁切り(えんぎり)」という作業を行う必要があります。
通常、縁切りは画像にあるタスペーサーという部材を使って行います。
塗料には粘性があるので、屋根塗装をすることで屋根材の重なり部分の隙間が埋まってしまいます。
隙間が狭すぎると毛細管現象で雨水が浸入してしまい、隙間がないと浸入した雨水を排水できず雨漏りの原因になってしまいます。
数年前に屋根塗装をしたのに雨漏りしている場合には、縁切りをしていなかった可能性があります。

縁切りの詳細はこちらをご覧ください
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878