オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

防府市の方へ、スレート屋根はどんな屋根なのか、特徴や劣化症状


スレート屋根(カラーベスト、コロニアル)は、現在、最も流通している屋根材です。
見たことあるという方は多いと思いますが、スレートの素材や特徴まで知っている方は少ないのではないでしょうか。
今回のコラムでは、スレート屋根についてお伝えします。
スレート屋根
スレート屋根は、主成分のセメントに繊維を混ぜて、板状に成型した屋根材です。
業者によっては、商品名のカラーベストやコロニアルとも呼ばれます。
薄型のシンプルなデザインとカラーバリエーションの豊富さ、安価なことから多くの屋根で使用されています。
塗装後のスレート屋根
スレート屋根は厚さ5mm程度と薄いく軽量なため、地震の時に住宅にかかる負担が少なく耐震性に優れています。
また、普及率が高く、施工が簡単なことから、施工できる業者が多いです。
スレート屋根の耐用年数は、20~30年程度と言われています。

他の屋根材と比べて、踏み割れなどのひび割れが多いことがデメリットです。
スレート屋根(カラーベスト)の塗装
スレート屋根は、主成分がセメントなため屋根材自体の防水性能は高くありません。
表面に塗装して防水性能を確保しています。
この塗装の膜は紫外線や雨水で徐々に劣化していき、防水性能が低下すると、屋根材の不具合や雨漏りにつながってしまいます。
そのため、スレート屋根には定期的な塗り替えによるメンテナンスが欠かせません。

屋根塗装の詳細はこちらをご覧ください
カラーベスト屋根
棟板金の錆び
スレート屋根が色褪せていたり、カビや苔が発生している場合には、防水性能が低下している状態です。
スレートにひび割れ、欠けがある場合には、雨水が浸入してしまうのでメンテナンスが必要です。

また、屋根材の劣化だけでなく、棟板金にも注意しなければなりません。
棟板金は釘で固定されており、経年により釘が緩むと棟板金を固定する力が弱くなり、強風で剥がれたり、飛散します。

棟板金の詳細はこちらをご覧ください
ご自分で屋根に上がって点検するのは、落下の危険性があるのでやめてください。
防府市でスレート屋根の状況が気になっている方は、街の屋根やさん周南店までお問い合わせください。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878