オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

光市の方へ、スレート屋根のカラーベスト、コロニアルの塗り替え時期はいつなの?


本日はスレート屋根のカラーベストやコロニアルの塗り替え時期についてお伝えします。

まずスレート屋根の「カラーベスト」や「コロニアル」って呼び方がありますが、言い方が違うだけで全て同じ屋根材です。
スレートが屋根材の名称で、カラーベストはケイミュー株式会社の販売してるシリーズ名で、コロニアルはカラーベストシリーズの中の商品名です。
そのため人や業者によって呼び名が異なりますが、同じ屋根材です。
ここからはカラーベストで通します。
カラーベストの主原料はセメント、ケイ酸質原料、石綿以外の繊維質原料、混和材料などを用いて加圧成型した厚さ5mmほどの平板です。
カラーベストは防水性が低いために、表面を塗装をして防水機能を高めています。
そのために塗膜が劣化してきますと、表面の防水機能が低下して色褪せはもちろん、カビや苔の発生、ひび割れなどが起こり雨漏りの原因になります。


カラーベスト
カラーベストは塗装による保護が大変重要になります。
そこで、新築からいつ、どれぐらいで塗装をしたら良いのでしょうか?とよく質問を受けますが、家の立地などにより各家各家違いはあるでしょうが、10年から15年で塗り替えるのがカラーベスト自体の寿命を維持するためにも良いでしょう。
因みにカラーベスト自体の寿命は30年といわれています。
例えば10年目安の塗装の定期メンテナンスをした場合には、劣化の進行が遅くなり風災害などのトラブルがなければ、30年の寿命を全うできるかもしれません。
しかしカラーベストの寿命が30年だからといって、30年間なにもメンテナンスをしなければ、色褪せの美観のみではなく、カラーベストの破損などから雨水が浸水してルーフィング(防水シート)や下地材(野地板)が腐食して雨漏りが起こるかもしれません。
そのためにカラーベストは定期的にメンテンナスが必要な屋根材といえるでしょう。
またカラーベスト自体が痛んでいますと、カバー工法による工事もそのままでは出来ませんので定期的なメンテナンスを心掛けましょう。
そのほかに、20年間なにもメンテナンスをしてなっかったとして、思い切って塗装やカバー工法でなく、屋根自体の葺き替え工事も良いと思います。
カラーベストの塗装についてはこちらをご覧ください。
屋根材のカバー工法についてはこちらをご覧ください。
屋根の葺き替え工事についてはこちらをご覧ください。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878