オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

周南市でスレート(コロニアル・カラーベスト)屋根を塗装でメンテナンスをお考えの方へ


スレート色褪せ
一般住宅の屋根にはスレート屋根(コロニアル・カラーベスト)が多く使われています。
スレート屋根は塗装によるメンテナンスも可能ですが、築年数が経過したり劣化状況が酷い場合には、塗装をしても塗膜が数年で剥がれたりして費用が無駄になる可能性もありますので、塗装によるメンテナンスは注意が必要です。
屋根は外壁に比較して紫外線や風雨にさらされるため、劣化の進行が早く進みます。
そのため特にスレート屋根は、塗装によるメンテナンスよりも、長期的な視野で考えますとカバー工法や葺き替え工事が経済的になることがあります。
スレート屋根の主原料は吸水性の高いセメントで、塗装によって防水性を保っていて表面の塗膜が剥がれて劣化してくると、雨水が屋根材自体に染み込んでしまうのです。

スレート苔
雨水を含んだスレートは、カビや苔が生えやすく欠けや割れ、下地の反りなどを誘発して雨漏りに繋がることもあります。
住宅購入時には、屋根は一生もつものと考える方も多いですが、特にスレート屋根(コロニアル・カラーベスト)は期待しているほどもちません。
環境や立地条件によりますが、20年から30年でスレート屋根の機能は衰えます。
耐候年数の長い高い塗料で塗装をしても、経年した屋根材は新築当時の機能には戻りません。


カバー工法ルーフィング
2004年以前のスレート屋根にはアスベストが混入されていまして「石綿スレート」という名称で呼ばれていました。
アスベストが含有されている屋根材の解体・撤去や葺き替えなどで産廃する際には高額な費用が掛かります。
そのため、スレート屋根を剥がす必要のない「カバー工法」でのメンテナンスが有効になるのです。
しかし屋根カバー工法を行った屋根に再度、屋根カバー工法を行うことはできませんので、アスベストを含有している屋根にカバー工法で施工したら後々アスベスト産廃費が掛かる可能性もあるので注意が必要です。
最後に、近年では長期的に屋根のメンテナンスを行いたくないと、ガルバリウムの上に天然石で施工したデクラ社の屋根材「コロナ」や「セネター」で新築時やカバー工法・葺き替えなどで施工するお宅も増えています。
初期費用は掛かりますが、スレート屋根は塗装によるメンテナンスよりも、金属屋根材でカバー工法や葺き替え工事でのメンテナンスの方が長い目でみると経済的だと思います。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878