オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

田島ルーフィング株式会社の屋根下葺材「タディスセルフ」とは


田島ルーフィング株式会社の屋根下葺材「タディスセルフ」
スーパーガルテクトやオークリッジスーパーなど耐久性・耐用年数に優れた屋根材が多くなっています。
これにともない、屋根下葺き材(ルーフィング)にも高品質で長期耐久性を持つ製品が以前にも増して求められるようになりました。
今回のコラムでは、田島ルーフィング株式会社の「タディスセルフ」について紹介します。

タディスセルフとは

タディスセルフは、田島ルーフィングが製造・販売している屋根下葺材(ルーフィング)で、貼り直しができる粘着層付きの下葺材というユニークな視点から生まれたルーフィングです。

ルーフィングは、屋根材と屋根下地の間に敷かれている防水シートのことです。
ルーフィングには、屋根材の隙間から侵入してきた雨水から建物を守るという重要な役割があります。
・遅延粘着型
ルーフィングの固定方法には、2種類あります。
大型のホッチキスのようなタッカーと呼ばれるものを使用してステープル(コの字型をした針)で固定する方法とルーフィングの屋根下地と接する面が粘着層になっておりそのまま接着して固定する方法です。
タディスセルフは後者の粘着式で固定します。

タディスセルフの最大の特徴は、貼り付けた後に剥がせるということです。
通常の粘着式のルーフィングは、貼り付けた後に剥がすのは困難です。
ですが、タディスセルフなら貼り付け直後にはそれほど強く粘着しないようにつくられており、簡単に剥がせて、再び貼りなおすことができます。
貼り違えても簡単に修正できるので、一人でも施工可能です。
貼り付けの数時間後には、下地に強固に粘着します。

・釘穴シール性
釘穴シール性は釘穴から雨水が浸入しないように釘を締め付ける性能のことで、タディスセルフは優れた釘穴シール性を有しています。
屋根材を釘やビスで留めるため、粘着式のルーフィングであっても穴が開きますが、穴が多ければ多いほど雨水の浸入口が増えることになるので粘着式であることはメリットです。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878