オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

台風や地震で倒壊の恐れのある崩れかかった棟瓦の放置は危険です


棟瓦崩れ
近年日本ではいろいろな場所で大きな地震が発生していますが、いつわたしたちの町にも地震が発生するか分かりません。
また夏の終わりから秋口には連続して台風が襲来するような年も珍しくありません。
そのために、こういった自然災害から大切な家を守るために、二次災害を引き起こさないために、定期的に点検・メンテナンスをしないといけません。
建物の中でも屋根の頂上部分にある「棟」は強風や地震の揺れの影響を非常に受けやすい場所となり、小さな劣化を放置していただけでも、突然の災害で棟が倒壊してしまうことが起こります。
屋根が万全の状態であれば、台風や地震で屋根材が落下・飛散するなどの被害はありませんが、経年劣化で固定力が緩んでる場合飛ばされてしまうのです。
さらに、ズレやひび割れが見える場合は簡単に倒壊する恐れがあり、瓦の転落により二次災害などの危険があります。


棟漆喰
棟の漆喰の剥がれがないかなどの点検も重要になります。
漆喰とは、屋根の1番上の部分(棟瓦)とその下の部分(桟瓦)の間にある空洞を埋めるために、南蛮漆喰といわれる石灰や炭酸カルシウム、繊維を混ぜたものです。
その漆喰の剥がれは築20年も経過するとみられる現象です。
剥がれの原因としては、経年で漆喰にひび割れが発生し、葺き土と漆喰の間に隙間ができ密着力が低下し、雨や風などの外力により剥がれが発生します。
痛んだ漆喰の詰め直し、棟瓦の取り直し工事の説明はこちらをご覧ください。

最後に台風や地震発生後に、目に見える被害がなかったとしても念のため、小さなズレとか発生してないか点検をすると、自然災害が起きても安心して暮らせるでしょう。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878