オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

周南市の方へ、台風が通り過ぎた後にチェックする屋根の点検ポイント


ブルーシートがかかっている屋根
台風が通過した後に屋根に被害がないか、業者に点検を頼まず、ご自分で点検をされる方のために、今回のコラムでは周南市の方へ、台風が通過した後にチェックするポイントをお伝えします。

チェックする点

瓦のズレ
瓦のズレ
天井の雨染み
天井のシミ
・台風の通過後には、まず屋根材がズレたり飛んでいないかを確認してください。
屋根材がズレると、すぐに雨漏りにつながってしまいます。
雨漏りすると柱や梁にダメージを与え、建物の劣化が一気に進んでしまいます。
屋根材がズレたり、飛んでいたら、早急に補修が必要です。

・屋上の排水口の堆積物
台風で落ち葉やゴミが飛ばされてきて排水口周辺に溜まることがあります。
屋上の排水口に落ち葉や土、ゴミなどが堆積すると、雨水がうまく排水されず、防水層の劣化を促進させたり、雨漏りにつながることもあります。

・天井や壁に染みができていないか
染みができていると、雨水が浸入している可能性があります。

・バルコニーの下に水滴が落ちてこないか
バルコニーを下から見上げてた時に、水滴が落ちている場合には雨漏りの可能性があります。
バルコニーの下地が腐食したり、建物の内部に雨水が浸入することもあります。
バルコニー外周の外壁と下地の間に雨水が浸入していることもあり、その場合には外壁の劣化が早くなります。

・雨樋の破損
雨樋が破損すると、屋根から流れてきた雨水が鼻隠しや軒天、外壁を伝うことになり、雨染みや劣化を早めたり、外壁からの雨漏りにつながることもあります。
また、強風で飛ばされてきたゴミが雨樋に溜まったり、詰まりの原因になるので注意が必要です。


台風や地震の後には、屋根が濡れていたり、屋根材がズレていたりして足を滑らせてしまう可能性があり、危険です。
そのため、瓦が飛んでいたり、雨漏りするなど明らかな被害がある場合には、屋根に上らず早急に専門の業者に相談してください。

屋根にブルーシートをかけて雨養生
ブルーシートで雨養生をした瓦屋根
瓦が一枚ズレるだけでも雨漏りは起きてしまい、天井のシミやカビの発生、柱や梁の腐食といった被害につながります。
台風の後にすぐに業者に点検してもらっても、次の日に工事ができるわけではなく、実際に工事をするのは数日後~数週間後になることがほとんどです。
工事までの間に雨漏りの被害が拡大しないように、屋根にブルーシートをかけて、土のう袋で固定する「雨養生」を行います。


街の屋根屋さん周南店では無料で屋根の点検を行っておりますので、台風の後には、お気軽にご相談ください。

「ここまでやります無料点検」はこちらをご覧ください
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878