オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

柳井市で屋根の台風による被害の点検を考えている方へ


柳井市にお住まいの方から、台風が来た時の応急処置や被害の点検などについてお問い合わせをいただきました。
9月になっても台風が予想され、屋根に被害が生じる方も多くなってきます。
そこで今回のコラムでは、台風による屋根の被害の点検についてお伝えします。
瓦屋根
台風の後には、ご自分で点検しようとせずに、専門の業者に依頼してください。
屋根が濡れたり、ズレていると滑りやすくなり、とても危険です。
また、専門的な知識のない方が屋根の上を歩くと、屋根材が割れてしまうことがあります。
絶対に屋根の上にあがるのは止めましょう。
・屋根材
屋根材にズレやひび割れがないか確認します。
金属屋根の場合では浮きや剥がれを点検します。
特に瓦屋根は注意する必要があります。
スレート屋根(カラーベスト、コロニアル)であれば、一枚一枚の屋根材をビスや釘で下地に固定していますが、いぶし瓦や釉薬瓦などの瓦は桟木(さんぎ)という角材に引っ掛けられているだけです。
そのため、強風の影響を受けやすく、瓦のズレや飛散に注意しなければなりません。

台風の後に、一番多いのがスレート屋根の棟板金の被害です。
強風による棟板金の変形や剥がれ、飛散してしまうこともあります。
築10年以上経過している場合には、棟板金を固定している釘が緩んでいる可能性があるので注意する必要があります。
地上から見て大丈夫でも、棟板金が浮いている箇所から雨水が浸入して雨漏りの原因になることがあります。

強風で破損していたり、外れているのは地上からでも確認できますが、強風で飛ばされてきたビニール袋などのゴミや落ち葉で詰まっているか確認します。
屋根に目に見えて被害が出ていないとしても、2階の高い部分など見えにくい箇所に被害が出ている可能性があります。
そのため、台風の後には、被害が出ていなくても専門の業者に点検してもらいましょう。
ただし、悪質な訪問販売には注意が必要です。
見えないところで故意に屋根材をずらされたり、割られたりすることもあり、ブルーシートで応急処置をしただけで高額の費用を請求されることがあります。
訪問販売のトラブル事例はこちらをご覧ください

街の屋根やさん周南店ではいつでも無料点検を実施しておりますので、お気軽にお問い合わせください。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878