オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

防府市の方へ、屋根で最も雨漏りが発生しやすい谷板金(谷樋)とは


雨漏りといえば、屋根材の割れやズレ、剥がれなど、屋根本体が原因というイメージを持たれる方が多いと思いますが、実際に屋根で最も雨漏りが発生しやすい部位は「谷」と呼ばれる部位です。
瓦屋根の谷
谷板金の穴
屋根の面と面がぶつかって凹んでいる部分を「谷」と呼びます。
谷に使用されている板金を「谷板金」や「谷樋」と呼び、雨漏りの原因になりやすい箇所です。
排水のために雨水が集められる箇所なので板金が傷みやすい箇所で、使用されている板金は腐食しにくい素材が使われていますが、経年により穴が開くと屋根の内部に雨水が浸入して雨漏りにつながります。
谷板金は凹んでいる部分なので地上からでは死角になり、どれくらい谷板金が劣化しているのか分かりません。
そのため、雨漏りが起きて屋根の点検をして、板金が傷んでいることに気づくということが多くなります。
谷板金からの雨漏りを防ぐためには、定期的な点検とメンテナンスが大切です。
ただし、ご自分で屋根に上がって点検するのは危険なので、業者に頼みましょう。
谷樋の撤去
谷板金
谷板金には、錆びにくく耐久性が高いガルバリウム鋼板が使用されることが多いですが、錆びないというわけではなく、経年で錆びてしまい、錆が進行して穴が開いてしまいます。
谷板金も塗装すれば錆が発生しにくくなるので、屋根塗装の際には塗装しましょう。

谷板金に穴が開いている場合には、谷板金を交換します。
周囲の屋根材を剥がして、防水紙(ルーフィング)の補修を行い、新しい板金を取り付けます。
屋根材が瓦屋根の場合には剥がした屋根材を再利用できますが、スレート(カラーベスト、コロニアル)アスファルトシングルなどの屋根材は剥がしてから再利用することが不可能です。
そのため、瓦屋根以外で谷板金を交換する時には、屋根カバー工法をすることでリーズナブルになることもあります。

谷板金(谷樋)の劣化を放置していると雨漏りの原因になります。
防府市で谷板金の点検・メンテナンスをお考えの方は、街の屋根やさん周南店の無料点検をご利用ください。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878