オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

周南市の方へ、谷樋とは?谷樋からの雨漏りは多い?


谷樋
屋根にはたくさんの板金が用いられてあり、棟や谷、軒先、壁際などに板金が用いられています。
その中で今回は谷樋についてお伝えします。
谷樋とは、屋根と屋根がぶつかる谷になっている部分のその隙間に谷樋はあります。
雨水はこの谷に向かって流れ、谷樋は雨水を集めて軒樋にバトンタッチをする役割を担っています。
この谷樋ですが、屋根からの雨漏りの原因では大変多い部位になります。
谷樋は谷樋板金とも呼ばれ、銅板、トタン、ステンレス、最近はガルバニウム鋼板などで取り付けられています。
この谷樋は構造上、雨水や雪を集中する作りになっているため、板金の腐食が進行しやすく、雨漏りの原因箇所になることが極めて多いです。


谷樋
ではなぜ谷樋から雨漏りするのでしょうか?
まずは築年数が約30年前の谷樋は、銅板製の板金を加工してつくられていたため、酸性雨の影響で銅板が腐食したり、谷樋は性質上同じ箇所に水が流れるため、その衝撃も相まって谷樋に穴が開いてしまいます。
穴が開くと下地に雨水が触れてしまいますので、雨漏りの原因に繋がります。
他には想定以上の雨が降った場合も、谷樋は雨水を逃がす設備ですが、設計の想定を超える雨量ですと谷樋に流れた雨水が排水しきれず、オーバーフロー(溢れる)してしまい、雨水が逆流して屋根材と下地の間に雨水が侵入して、その繰り返しで谷樋部分を中心に屋根全体が痛み、その結果雨漏りしてしまうのです。
対策としては、まず銅板製の谷樋の場合は腐食に強い材質のガルバニウム鋼板やステンレス鋼板に交換するのが効果的です。
最後に築30年以上住宅の方は一度谷樋が何製なのか、点検を含めて確認してもらうと良いでしょう。
谷樋の点検・確認は「町の屋根屋さん周南店」まで、ご依頼ください。


信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878