スレート屋根塗装時のタスペーサーの重要性についてお伝えします。


タスペーサー
皆さまはタスペーサーってご存知でしょうか?
スレート屋根(カラーベストなど)の塗装の見積りを依頼した際に、タスペーサーの記載があり、目にしたり聞いたりしたことがある方もいるかもしれません。
タスペーサーとはスレート屋根の塗装をする時に使用する道具で、タスペーサーが雨等の通り道を作り水を適切に流すことによってスレート屋根の塗装後の雨漏りの危険を回避するために必要な道具です。
私たち「町の屋根やさん周南店」ではスレート屋根の塗装では必ずタスペーサーを使用していますが、まだまだ使用していない業者もあるようです。
今回はスレート屋根の塗装時にタスペーサーの重要性や特性についてお伝えしたいと思います。



タスペーサー
スレート屋根に塗装をする際に屋根と屋根の重なり部分の隙間を塗料が覆ってしまい、上の素材と下の素材がベタっとくっついてしまいます。
そうなった場合は雨の逃げ道がなくなり下地のルーフィングや野地板に水が溜まり雨漏りの原因になる恐れがあります。
これを回避するために隙間を覆った塗膜に隙間を空ける作業を縁切りといいます。
業者によっては「縁切りするのでタスペーサーは必要ない」という方もいると聞きますが、縁切りは塗装後に作業をするので塗膜がまだ乾いてなかったりすると、塗膜が剥がれたり汚れたりしてせっかく塗装をしたのに意味がなくなってしまいます。
その点タスペーサーは屋根材と屋根材の間に挟むだけですし、洗浄後の塗装前に入れるので塗膜を傷つける恐れもありません。
確実に屋根材同士の密着を防ぎ、雨漏りの心配も防げる縁切りが出来るのがタスペーサーの設置といえるでしょう。
ここまでタスペーサーの良い点を述べてきましたが、少し悪い点(心配な点)も記載したいと思います。
タスペーサーの弱点は台風などの強風です。
どうしても屋根材同士の隙間を保っているために強風時には隙間に風が入って屋根材を巻き上げてしまったり、タスペーサーが飛んだり屋根材の破損などの危険もあります。
メーカーの実験では風速50(m/s)まではタスペーサーは飛ばないとされてはいますが台風時期などは注意が必要です。

最後にスレート屋根は塗装時に雨漏りの原因を作ってしまう可能性があるために、屋根材同士が重なり付かないように縁切りをし雨水の抜け道を確保する必要があります。
その際にタスペーサーを設置することで、従来の縁切りより雨漏りのリスクを下げられます。
さらに塗装後に設置するわけではないので、せっかく塗装をした塗膜を剥がしたり汚したりする心配はありません。
また従来の縁切りよりもスピーディーにスムーズに作業を行うこともできます。
しかもタスペーサーは従来の縁切りを確実にするために開発された部材です。

スレート屋根の塗装をする際には雨漏りのリスクを抑えられる、タスペーサーの設置を強くお勧めします。

町の屋根やさん周南店では、スレート屋根の塗装時にはタスペーサーを設置しています。

無料見積りのご案内はこちらから。

その他屋根の塗装はこちらもご覧ください。





信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878