オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

山口市の方へ、屋根の定期点検とメンテナンスで雨漏りを防ぐ


屋根に使用されている素材には様々な種類があります。
昔から使用されている瓦屋根や現在最も使用されているスレート屋根(カラーベスト)、耐久性の高いガルバリウム鋼板ルーフィング(防水紙)を改良したアスファルトシングルなど様々で、それぞれ特徴が異なりますが、どの屋根材にも共通して言えることが定期的な点検とメンテナンスが必要だということです。
色褪せたスレート屋根
屋根材は、年月が経つことで劣化してしまいます。
スレート屋根やアスファルトシングルであれば割れたり剥がれたり、ガルバリウム鋼板であれば錆びて穴が開き、雨漏りにつながります。
屋根材の中で最も長持ちする瓦は一生ものと言われ、点検やメンテナンスが必要ないように感じます。
ですが、瓦自体が劣化していなくても、瓦屋根には水切り用の板金や漆喰、ルーフィング(防水紙)など屋根材以外の材料も使用しています。
この屋根材以外の材料は瓦と違って、経年や紫外線などにより劣化してしまい、屋根の内部に雨水が浸入して、雨漏りにつながります。
瓦屋根のズレ
漆喰剥がれ
雨漏りが起きると、天井や壁にシミができるだけでなく、柱や梁などの建物の重要な構造にダメージを与え腐食させたり、カビを生じさせることで健康にも悪影響を与えてしまいます。
屋根を定期的に点検・メンテナンスをすることで雨漏りを事前に防ぐことができます。
雨漏りに原因になるのは屋根材の割れなどの分かりやすいものばかりではなく、棟板金谷板金などの水切り板金に小さな穴が開いていたりなど不具合に気づかないことがほとんどです。
目に見えない小さな不具合から徐々に大きな不具合に進行していき、雨漏りに気づいたときには大掛かりな屋根工事が必要になります。
定期的に点検をして小さな不具合を補修することで、雨漏りを防ぐことができます。
スレート屋根(カラーベスト)の塗装
縁塗装
また、スレート屋根やガルバリウム鋼板などは定期的に屋根塗装によるメンテナンスをすることで、屋根材を長持ちさせることができ、長期的にみれば屋根の維持コストを抑えることができます。
雨漏りによる重大な被害を避けるためにも、定期的な点検とメンテナンスを行いましょう。

街の屋根やさんの無料点検はこちらをご覧ください
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878