オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

周南市の方へ、築浅でも要注意。天窓(トップライト)からの雨漏りの危険性


天窓
本日は天窓(トップライト)の雨漏りの危険性のお話をご紹介します。
天窓(トップライト)は住宅密集地の日当たりのよろしくない住宅や建築士が設計したデザイン性重視の住宅でよく見られます。
天窓(トップライト)自体も昔にくらべると性能も良くなり、海外からも多く天窓(トップライト)が流通しています。
しかし新築で天窓(トップライト)をつけて築1年、2年で天窓から雨漏りをしたというお話がすごく多いです。
なぜ築浅で雨漏りするのかをご紹介していきます。

天窓(トップライト)から雨漏りする原因

天窓(トップライト)から雨漏りする原因は、天窓の欠陥ではなく施工する際の「施工不良」です。天窓(トップライト)を取りつけた屋根の勾配も雨漏りの大きな影響を与えます。
天窓(トップライト)をつけて10年で雨漏りした場合「パッキンの劣化」や「防水シートの劣化」がほとんどです。
ほとんどの天窓メーカーは耐用年数は20年です。20年で雨漏りした場合は早い段階で交換をお勧めします。天窓(トップライト)は雨漏りすると「じわじわとダメになる」ので大切な家を侵食してしまいます。
天窓(トップライト)がついてる屋根は通常の屋根より雨漏りしやすいのは間違いないです。防水シートやパッキンの経年劣化による雨漏りがほとんどです。しっかり専門業者に10年、20年の節目に点検してもらうことをお勧めします。


信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878