オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

防府市の方へ、雨樋について


雨樋破損
本日のコラムでは、防府市の方へ、雨樋について紹介します。
雨樋とは、家の周りにあえて水の通り道を作ることで、屋根や外壁の排水に非常に役立つ部材です。
雨樋の材質は、「塩化ビニール樹脂」「ガルバニウム鋼板」「ステンレス」「銅」などです。
塩化ビニール樹脂製が一番普及しており、安価で手に入れやすいというメリットがあります。
しかし経年劣化とともに塩化ビニール樹脂がしならなくなってしまい、割れやすくなったり破損しやすくなったりします。
また色褪せもするため、美観の面で再塗装をしないといけません。
ガルバニウム鋼板製は、非常に錆びにくく軽い金属の雨樋になります。
しかし塩化ビニール樹脂と比べて高額になります。
近年は屋根をガルバリウム鋼板屋根材で葺く家も増えているため、雨樋もガルバニウム鋼板でそろえるということも多いようです。
ステンレス製は、大変高額なため珍しいですが、金属であるものの錆びづらいのが特徴です。
銅製は、これぞ銅という光沢を持っていますが、経年劣化とともに徐々に色がついてきて、強い酸の酸性雨に晒され続けると雨樋に穴が空いてしまう場合があります。
雨樋に雑草
雨樋は日々雨風や紫外線に当たり続け大量の雨水を流すため、基本的に塩化ビニール樹脂やガルバニウム鋼板など強固な素材で作られていますが、永遠に使用できるものは存在せず、雨樋も必ず劣化します。
雨樋が劣化しますと、変形したり、歪んだり、穴が空いたり、割れたり、外れたりして、本来の雨樋の機能を果たせなくなってしまいます。
その場合は、雨樋の交換になります。
また雨樋の劣化を放置してますと、直接外壁に雨が流れ落ちるなどして、外壁の劣化を早める原因になります。
最後に雨樋は家にとってなくてはならない存在なので、劣化など見つけたら早急に交換工事などメンテナンスを致しましょう。

雨樋(軒樋)と集水器
雨樋
雨樋の破損や変形に気を付けなければなりませんが、雨樋の詰まりにも注意が必要です。
雨樋の詰まりは雨が降っていなければ地上から見てもわかりません。
雨樋が詰まっているだけなら大したことないように感じてしまいますが、雨樋の詰まりを放置していると雨水が流れるのをせき止めて雨樋から雨水があふれてしまい、地面に落ちて泥水が飛び散り外壁を汚し、泥水に含まれる水分などによってカビや藻の発生にもつながります。
また、雨樋に雨水が溜まると、その重さで雨樋が外れてしまう可能性もあります。
そのため、雨樋の点検をして詰まっていないか確認する必要があります。

雨樋の詰まりは地上からではわからないので、雨樋に落ち葉や木の枝、ビニール袋などのゴミが溜まっていないか実際に目で見て、雨樋の点検を行います。
家の近くに木がある場合や落ち葉の多い時期には、落ち葉が溜まりやすいので注意しましょう。
点検をして雨樋にゴミなどが溜まっている場合には、清掃をしてゴミを取り除きます。

1階の雨樋はまだいいのですが2階の雨樋を自分で掃除するというのはかなりの危険を伴います。
そのため、雨樋の掃除は業者に任せるということになりますが、1回の掃除は安くても定期的にやるとなれば経済的な負担になります。
それを防いでくれるのが、落ち葉除けネットです。
軒先の雨樋に落ち葉が入らないようネットをかぶせて雨樋が詰まらないようにしてくれます。

落ち葉除けネットの詳細はこちらをご覧ください

防府市で雨樋の点検・修理を検討されている方は、街の屋根やさん周南店までお気軽にお問い合わせください。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878