オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

防府市の方へ、樋修理について


建物には重要な部位が多くあり、雨樋もそのひとつです。
普段から雨樋のメンテナンスをされている方は、少ないのではないでしょうか。
ですが、雨樋のメンテナンスをしないと雨樋がダメになるだけでなく、建物にも悪影響を与えてしまうため、樋修理は不可欠です。
そこで本日のコラムでは、防府市の方へ樋修理についてお伝えします。
防府市で樋修理をした雨樋
防府市のお宅の軒樋
防府市で樋修理をした雨樋(竪樋)
雨樋は、屋根から流れてくる雨水を受け、地上へ流すという排水のための設備です。
雨樋は、軒先に付けられている半円やコの字型の「軒樋(のきどい)」、屋根から地上に向かって壁沿いに付けられている筒状の「竪樋(たてどい)」、軒樋の雨水を集める「集水器」、軒樋と竪樋をつなぐ「エルボ」、軒樋の先端から雨水が流れ落ちないように塞ぐ「止まり」、などで構成されています。
半円型の軒樋は形状がシンプルなので価格が安いですが、角型(コの字型)の方が流水量を確保することができ、より多くの雨に対応できます。
雨樋の素材には、塩化ビニール、合成樹脂、ガルバリウム鋼板、銅、アルミニウムなどが使われています。
雨樋の破損
雨樋の破損
雨樋の外れ
雨樋は、台風などの強風や雪による重みなどで壊れたり、歪んでしまいます。
そうなると雨水の排水がうまくいかず、鼻隠しや外壁を雨水が伝い劣化の原因になり、外壁にひび割れなどがあるとそこから雨水が浸入して雨漏りが起きる可能性があります。
また、雨樋が劣化していないように見えても、詰まっている可能性があり注意する必要があります。
雨樋にゴミや落ち葉、木の枝などが溜まり、詰まっていると雨水の流れを塞ぎ雨樋から溢れてしまい、雨水が直接地上に落ちて外壁に泥水が跳ねて汚してしまいます。
そういったことから、劣化がある場合には樋修理が必要になります。
雨樋を外した屋根の鼻隠し
鼻隠しに取り付けた雨樋の留め金具
軒先の雨樋
1.雨樋の撤去
雨樋が屋根の先端に付けられており作業をするのに危険なため足場を設置してから、樋修理を行います。
既存の雨樋と雨樋を固定している金具を撤去します。

2.金具の設置
適切な勾配(傾斜)になるように目安となる水糸を張り、金具を設置します。
軒樋の勾配が不適切だと雨水の流れが速くなりすぎて排水が間に合わず、軒樋から溢れてしまうなどの不具合が起きてしまう可能性があります。
既存の金具を撤去した穴が残らないようにコーキング材で処理しておきます。

3.雨樋の取り付け
設置した金具に雨樋を取り付けていきます。
雪の多い地域では積雪による雨樋の破損を防止するために金具の間隔を狭くします。
樋修理の際には、雨樋が詰まらないように落ち葉除けネットの設置がおすすめです。

落ち葉除けネットの詳細はこちらをご覧ください

4.樋修理の完成
雨樋に水を流して、適切に排水されるか確認をしたら、樋修理の完成です。
雨樋修理では雨樋を固定する金具の位置が数cm違うだけで不具合の原因になってしまいます。
また、2階の雨樋修理はケガの可能性もあり、足場がないと危険です。
そのため、雨樋に不具合がある場合には、ご自分で雨樋修理をしようとせずに、必ず専門の業者に任せるようにしましょう。
防府市での樋修理に関するご相談は、街の屋根やさん周南店までお気軽にお問い合わせください。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878