オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

防水工事のトップコートとは?その特性は?


陸屋根住宅やベランダやビルなどの防水工事のトップコート塗装とは、防水層をコーティングして守るために1番上に塗ることです。
防水層は外壁などと比べて、日中ずっと太陽光に当たっており、さらに紫外線に弱いためダメージを受け続ければ、防水層の劣化が進み防水の機能が失われていき、雨漏りや建物内部の腐食に繋がってしまいます。
そこで防水層にトップコートを塗り、防水層を保護しダメージを軽減するのです。
しかしトップコートは保護の役割であり、防水性能はありません。


陸屋根
トップコートの劣化の症状は、防水面を指で撫でたときに指先が白くなったら、チョーキング現象といい古い塗膜が粉状になったものです。
劣化の初期段階であり、色が褪せてきて光沢がなくなってきたら触って確かめてみましょう。
トップコートは年数が経つと防水層との粘着力が弱まり次第に剥がれてきたり、浮いてきたりします。
また内部に水が侵入している場合は膨れてきたりもします。
他には、北側など余り日光の当たらない場所や雨水が溜まってしまう場所などはカビや苔などが繁殖します。
更に、ベランダやバルコニーなど人がよく歩く場所はトップコートが摩耗して、防水層が見えてしまうこともあります。
上記のような劣化の症状がみられたら、早めにトップコートの塗装を行うと費用も安く済みます。
何年もメンテナンスをせず放置してると劣化が酷くなり、防水層の作り直し工事になり費用も大きくなり建物自体の劣化も進行させてしまいます。
定期的にトップコートの塗り替えなどを心掛けると良いでしょう。

トップコート塗装や防水工事の案内はこちらをご覧ください。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878