オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

周南市の方へ、天窓(トップライト)は雨漏りの多い箇所です


天窓
天窓とは、建物の屋根部分に取り付けられる窓で「トップライト」や「ルーフ・ウィンドウ」などとも呼ばれます。
天窓(トップライト)は採光や通風の目的で屋根に設置する窓で、開閉できない「はめ殺し」タイプのものと、開閉できるものがあります。
採光の面では、天井の位置に天窓(トップライト)を取り付けるため壁にある通常の窓と比べて、3倍の光を取り入れると言われています。
また天窓(トップライト)は自然の光で部屋を明るくできるため、北側の部屋や浴室洗面などは暗くなりがちですが、効率よく光を取り入れることができます。
通気の面では、開閉式の天窓(トップライト)ですと壁面のみで換気を行う時に比べて最大で4倍も風通しが良くなると言われています。
更に、住宅密集地の場合は窓を開けたくてもプライバシーや防犯面で気になって開けれないことがあると思いますが、天窓(トップライト)があれば空に隔てるものがない限りは光を取り込めますので、住宅密集地こそ天窓(トップライト)の良さを十分に堪能できるでしょう。


トップライト
そんな天窓(トップライト)ですが、残念ながらデメリットもあります。
天窓(トップライト)は、屋根に穴を開けるのと同じですので、通常の屋根と比べると雨漏りの危険性は多くなります。
雨漏りの原因の多くは、天窓(トップライト)のゴムパッキンの劣化や設置時の施工不良です。
また天窓(トップライト)の寿命も25年~30年と言われてまして、設置年数の経過しているものは補修でメンテナンスをしても根本的な解決にはなりませんので、雨漏りのリスクを回避するためには天窓(トップライト)を撤去するか、新しく天窓(トップライト)を交換すると良いでしょう。
現在はどのメーカーの天窓(トップライト)であっても比較的、簡単に日本ベルックスの新しい天窓(トップライト)へ交換することは可能です。
最後に天窓(トップライト)はメリット・デメリットありますが、定期的に点検・メンテナンスを心掛けて設置を検討すると良いでしょう。
古くなった天窓お困りごと・お悩み事、全て解決致します!」のコラムはこちらからご覧ください。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878