周南市の方へ、屋上の防水工事のトップコートは何のためにあるのか


周南市で屋上の防水工事のトップコートの塗り替えを行いました。
トップコートは屋上やベランダ、バルコニーの防水に欠かせないものですが、「トップコートって何?」という方が、ほとんどではないでしょうか。
そこで今回のコラムでは、防水工事のトップコートについてお伝えします。

ウレタン防水の屋上
屋上やベランダやバルコニーは、枡型の構造をしており、勾配がほとんどないことから排水性が悪いため、雨水が溜まりやすく、雨漏りのリスクが高くなります。
そのため、防水工事で防水層が形成され、防水性能を確保しています。
その防水層の上に塗られるのが、トップコートです。
FRP防水のベランダ
施工後の屋上
トップコートは、防水層を保護するために塗られています。
防水層は、紫外線や風雨による影響で徐々に劣化していき、ひび割れなどを起こします。
そうなると、建物に雨水が侵入して、天井・壁のシミ、カビの発生原因になってしまいます。
そうならないように防水層の上にトップコートを塗って、防水層がダメージを受けることを防いでいます。
そのため、トップコートが劣化すると、防水層に直接、紫外線や風雨が当たるようになり、防水層の劣化が早くなります。
ローラーでトップコートを塗布
屋上防水のトップコート塗布2回目
屋上やベランダ、バルコニーの床面のざらつきや色あせは、トップコートが劣化している証拠です。
5~10年程度でトップコートを塗り替えることで、防水層を長持ちさせることができます。
施工されている防水工事の種類によって、トップコートの種類や施工方法が異なりますので、工事をする際には防水工事の施工実績が豊富な業者に頼みましょう。
トップコートには、遮熱タイプのものもあり、省エネ効果も期待できます。

建物にダメージを与えないためにも、定期的な点検とメンテナンスをすることが大切です。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878