オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

山口市でトタン屋根(金属屋根)の張り替え・葺き替えを考えている方へ


トタン屋根とは、屋根材にトタン板(亜鉛メッキ鋼板)を使用した屋根のことで、現在では使われることは少なくなりました。
トタン板は、板状に加工された鋼に亜鉛メッキを施したもので、メッキをすることで錆や腐食を防いでいます。
鋼板が錆びるよりも先にメッキ成分(亜鉛)が溶け出して覆うことで錆を防ぎます。
このメッキ成分がなくなると、錆びやすくなります。
急速に錆が広がり、錆が酷くなると穴が開いてしまう可能性もあります。
継ぎ目が少なく、防水性能が高いので、スレート(カラーベスト)などの屋根材では施工できない緩やかな傾斜の屋根でも施工できます。
トタン屋根(金属屋根)
トタン屋根の耐用年数は20年程度で、他の屋根材と同じように定期的に屋根塗装をすることで寿命を延ばすことができます。
屋根の表面が色褪せしたら、塗装の目安です。
ケレンで錆を落としてから、下塗り・中塗り・上塗りの3回塗りを行います。
塗装することで、表面の塗膜がメッキ成分を保護することで長持ちにつながります。

トタン屋根を定期的に塗装している方は少ないのではないでしょうか?
屋根塗装をせずに放置していると、全体にサビが広がり、塗装では回復できなくなります。
金属屋根の葺き替え工事
画像は、山口市で行ったトタン屋根の葺き替え工事の様子です。
トタン屋根の塗装ができない場合は、屋根葺き替え(張り替え)工事を行います。
古くなったトタンを撤去して、屋根材の下にある防水紙(ルーフィング)野地板を張り替え、新しい屋根材を被せます。
防水紙と野地板のメンテナンスは屋根材を撤去しないとできないので、防水紙と野地板を補修できるのは葺き替えの大きなメリットです。
新しい屋根材には、ガルバリウム鋼板をおすすめします。
ガルバリウム鋼板は、アルミニウムと亜鉛、珪素をメッキした鋼板で、トタンよりも耐久性に優れています。
使用する屋根材には注意が必要で、トタン屋根は勾配が緩やかな屋根が多く、金属屋根以外の屋根材を使用することができないことが多くあります。
屋根材を撤去する大掛かりな屋根工事になるので、費用もかさんでしまいます。

トタン屋根の張り替え・葺き替えをお考えの方は、街の屋根やさん周南店にご相談ください。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878