オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

下松市で色褪せした陶器瓦の塗装をお考えの方へ


陶器瓦
陶器瓦は古くから屋根の素材として使用されている屋根材です。
陶器瓦は粘土系の一種で、粘土を瓦の形に成型し、そこに釉薬(うわ薬)を掛け、釜の中で高温にして焼き上げた瓦のことをいいます。
また釉薬をかけるので、釉薬瓦とも呼ばれています。
陶器製であるということは、強い衝撃が加わらない限り、その寿命は半永久的です。
粘土系の瓦は、表面の保護という観点では塗装は必要ありませんが、釉薬にひび割れが生じたり、色褪せもおこるため、気になる方は塗装を行います。
そんな陶器瓦の塗装方法を、お伝えします。



強化シーラー
陶器瓦の塗装で大切なポイントは、下地調整です。
高圧洗浄やケレン作業で汚れやカビやコケを丁寧に洗い流し、専用の下塗り材を使用します。
下処理を十分におこなった瓦は、表面の弱い塗装が除去されて下塗り材を吸収します。
今回紹介しますのは、「ファインパーフェクトベスト強化シーラー」で、多用途に陶器瓦など各種窯業系屋根材に幅広く対応します。
浸透性に優れ、各種下地、既存塗膜表面に湿潤して一体化して、強固に密着します。
また1液で取り扱いやすく、弱溶剤のため臭気がマイルドな点も良いでしょう。
陶器瓦の塗装を検討されている方は、参考にしてみてください。


信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878