オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

周南市の方へ、カラーベストの継ぎ目と重ね部から雨水が浸入するの?


スレート屋根(カラーベスト、コロニアル)をよく見てみると、屋根材の左右の継ぎ目に隙間があることが分かります。
隙間から雨水が侵入して雨漏りが起きることはないのでしょうか?
今回のコラムでは、カラーベストの継ぎ目と重ね部についてお伝えします。
カラーベスト屋根
カラーベストは、セメントを原料として薄い板状に成型された屋根材のことで、スレートやコロニアルとも呼ばれます。
デザイン性が高く、他の屋根材と比べて費用面の負担が軽いことから、最も使用されている屋根材です。

スレート屋根の継ぎ目と重ね部
カラーベスト屋根の屋根材は、水平方向は重なりがなく、突き付けて張られています。
そうすると、横の継ぎ目に隙間ができます。
この隙間から雨水が侵入しないのでしょうか?
屋根材の上には十分な重ね幅を取って、その上に屋根材を張っており、継ぎ目の下には水下の屋根材が存在しています。
また、上下で継ぎ目の位置が互い違いに配置されるように施工され、継ぎ目の隙間から浸入した雨水は下の屋根材に抜けていきます。
そのため、屋根時の横に継ぎ目があっても雨漏りが起きることはないのです。
タスペーサー施工
カラーベストの上下の重ね部から雨漏りすることはあるのでしょうか?
屋根材が重なっているので、雨漏りすることはないように思えますが、実は雨漏りの原因になることがあるのです。
それは、屋根塗装で施工不良があった場合です。

屋根材の重なり部は、湿った空気や雨水の出口となるように僅かに隙間があります。
屋根塗装に使用する塗料には粘性があり、塗装することで、この隙間を塞いでしまいます。
完全に塞がれると雨水を排水できませんし、隙間が狭すぎると毛細管現象(水が狭い隙間を上昇する現象、ストローや吸い取り紙で見られる)で雨水を吸い上げてしまい雨水の原因になります。
重ね部からの雨漏りは、あくまでも施工不良が原因なので、知識のある業者が行えば問題ありません。

屋根塗装で、カラーベストの重ね部の隙間を確保する作業を縁切りといいます。
かつては皮すきやカッターで縁切りをしていましたが、現在ではタスペーサーと呼ばれる道具で行います。
上の画像は、周南市で行ったタスペーサーによる縁切り作業です。
カラーベストの屋根塗装をする時には、縁切りという項目が見積もりに記載されているかどうか必ず確認しましょう。

タスペーサーの重要性はこちらをご覧ください
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878