オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

梅雨時期に屋根や外壁の塗装をしても大丈夫?梅雨時期の塗装の注意点


手塗りのローラー工法で外壁塗装
中国地方では梅雨入りが平年(6月5日ごろ)よりも大幅に遅れており、いまだに梅雨入りしていません。
梅雨の時期は天気の影響で何かと憂鬱になる時期だと思います。
屋根や外壁のリフォーム工事でも大きく日程を崩される時期になります。
今回のコラムでは、梅雨時期の屋根や外壁の塗装についてお伝えします。

梅雨時期の塗装の注意点

お客様と工事の日程の打ち合わせをさせていただいていると、「梅雨時期は外してください」などと言われることが多々あります。
梅雨時期の屋根・外壁塗装はおすすめできませんが、全くできないというわけではなく、注意して施工すれば不具合が生じることもありません。

・当日の気候の確認
雨が降っている時や湿度が85%以上の場合には、塗料に水分が混ざってしまうため塗装ができません。
小雨の日や湿度が高い日にも塗装しようとする業者には注意が必要です。

・塗料の乾燥時間
塗料は乾燥してしまえば、雨が降っても問題ありません。
ですが、乾燥する前に雨が降ってしまえば、塗料に雨水が含まれ塗膜がダメになってしまいます。
塗料の乾燥時間を守るのは時期を問わず当然のことですが、梅雨時期は塗料が乾きにくいので、慎重に判断する必要があります。

梅雨時期の塗装のメリット・デメリット

・メリット
梅雨時期の屋根・外壁塗装には、施工面でこれといったメリットはありません。
強いて言えば、梅雨時期の塗装は敬遠されているので、工事の予約が取りやすいです。

・デメリット
梅雨時期を問わず、雨が降ると塗装することができません。
梅雨時期にはどうしても雨の日が多くなるので、工期が延びてしまいます。

外壁塗装の際には塗料が付着しないようにビニールなどで窓に養生を行います。
工事期間中はつけたままになるので、工事期間が長くなると、窓を開けられない期間も長くなります。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878