オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

周南市の方へ、なぜチョーキング(白亜化)現象が起きるかお伝えします


外壁や屋根は、常に風雨や太陽光などにさらされる過酷な環境にいます。
外壁・屋根が傷まないように風雨や太陽光から守っているのが、表面を覆っている塗膜です。
表面の塗膜が劣化して剥がれると、防水性を失い、外壁材や屋根材のひび割れ、反りなどにつながり、放置し続けると雨漏りしてしまいます。
外壁や屋根の塗膜が劣化している場合には、外壁塗装、屋根塗装により防水性を回復させることができ、建物の寿命を延ばすことができます。
外壁塗装、屋根塗装の時期の目安となるのが、チョーキング(白亜化)と呼ばれる現象です。
外壁のチョーキング
画像は、周南市で行った無料点検の時のチョーキング(白亜化)現象です。
古くなった外壁を触ったりして服や手に白い粉が付いたという経験がある方もいるのではないでしょうか?
この現象を、チョーキング現象または白亜化(はくあか)現象と呼びます。
「粉が吹く」と言う業者もいます。
チョーキング現象が始まってすぐは薄く粉が付着する程度ですが、劣化が進むとはっきりと粉が付着するようになります。
チョーキングした壁を触った手
チョーキング現象の原因は、太陽光や雨による塗膜の劣化です。
塗料は、外壁・屋根を保護する「合成樹脂」、色を付ける「顔料」、性能を安定させる「添加剤」の3つの成分でできています。
塗料は、太陽光の熱や紫外線、雨水に当たると徐々に劣化していきます。
塗膜の表面の合成樹脂が分解され、塗料に含まれる顔料(色成分)が塗膜の表面に露出することで発生します。
顔料も劣化しているので、外壁・屋根を触ると手に付着します。
付着しているのは顔料なので、白色の粉だけでなく、黒い壁を触ると黒色の粉が付きます。
チョーキングは塗膜の劣化が原因なので、日当たりの良い場所や雨水の当たりやすい場所で起きやすくなります。
特に紫外線による影響が大きいので、日当たりが良い南側で発生しやすくなります。
一般的に1階部分よりも2階部分の方が日当たりが良いので、同じ面であれば2階部分の方がチョーキングが進行しています。
一階部分でチョーキングが起きている場合には、外壁塗装、屋根塗装をおすすめします。

まずは、街の屋根やさん周南店の無料点検をご利用ください。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878