オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

下松市で化粧スレート屋根(コロニアル・カラーベスト)の塗装をお考えの方へ


コロニアル
下松市のお客様より化粧スレート屋根の塗装依頼の依頼を頂き施工した模様を今回はコラムでお伝えします。
化粧スレートはセメントに繊維素材を混ぜて薄い板状に加工したものです。「コロニアル」や「カラーベスト」などの商品名で呼ばれることもある屋根材です。
化粧スレートは厚さ5~6mmと薄く重量が軽いため住宅への負担が少なく耐震性に優れていて、他の屋根材に比べて価格が安く初期費用も抑えられるため普及率の高い屋根材です。
しかし主成分がセメントになりますので、塗装によって防水性を保っているため定期的なメンテナンスが必要になります。
さらに劣化したスレートは割れや反りなどが起こりやすく、耐用年数も他の屋根材に比べて低いなど悪い点もあります。


タスペーサー
化粧スレートの塗装をする際には「下地」重要になりますので、割れや欠けがないか確認・補修してから棟板金の劣化・釘の抜けなどないか確認・補修してからバイオ高圧洗浄にて古い塗膜・カビや苔などを丁寧に洗い流して、しっかりした下地を作ります。
またスレート屋根の塗装では「縁切り」作業も重要になり、屋根材の重なった部分に「タスペーサー」を挿入し、塗料で塞がないように適度な隙間を作っていきます。
隙間がなくなると屋根材の下の通気が悪くなり、湿気を逃がせなくなり「毛細管現象」によって水分を内部に引き込んでしまい雨漏りの原因にもなります。
そのため、スレート屋根の塗装には「タスペーサー」による縁切り作業は重要な工程になります。
タスペーサーの重要性はこちらもご覧ください。

化粧スレート屋根塗装
その後プライマーで下塗りをし、中塗り上塗りを刷毛やローラーを使い丁寧に塗料を塗っていきます。
最後に、屋根は紫外線や雨風が直接当たる劣化しやすい場所です。
特に化粧スレート(コロニアル・カラーベスト)は防水性・耐久性が低いため、塗装によって屋根材自体を保護する必要があります。
しかし屋根は直接目視しにくいため、普段の生活ではあまり劣化状況に気づけません。
だからといって、屋根の劣化を放置してますと大規模な屋根修理を行うことになったり、雨漏りの原因になったり、家全体の劣化に繋がるので定期的に点検・メンテナンスを行うことが重要になります。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878